「アユサン」2013桜花賞 母バイザキャット


2010年2月21日生まれ
父はディープインパクト
母はバイザキャット
2013年の桜花賞馬(答)
マイネルホウオウ
エピファネイア
アユサン(答)
メイショウマンボ
51%


2010年4月23日生まれ
父はスズカフェニックス
母はテンザンローズ
2013年NHKマイルカップ優勝馬
マイネルホウオウ(答)

連想
2010年2月25日生まれ
父はスズカマンボ
母はメイショウモモカ
2013年のオークス・秋華賞馬
メイショウマンボ(答)

アユサンは日本の競走馬。馬名の由来は、人名+呼称。おもな勝ち鞍は2013年桜花賞。

欧字表記 Ayusan
品種 サラブレッド
性別 牝
毛色 鹿毛
生誕 2010年2月21日(7歳)
抹消日 2014年12月26日
父 ディープインパクト
母 バイザキャット
母の父 Storm Cat

3歳(2013年)[編集]
チューリップ賞では前3走とは違い、前目の競馬となり、結果3着に入り桜花賞への優先出走権を獲得した。陣営はこの後、美浦には戻らず栗東トレーニングセンターに入厩し、桜花賞に備えた。そして桜花賞は主戦の丸山元気が前日の福島競馬で落馬骨折して乗れなくなってしまったため、急遽クリスチャン・デムーロに乗り代わりとなった。レースは中団からの競馬となり、最後は兄のミルコ・デムーロ騎乗のレッドオーヴァルとの一騎討ちとなり、一度はレッドオーヴァルが先頭に立つも粘り腰で最後差しきり、桜花賞を制した。クリスチャンはこれが日本のGI初制覇、史上初の外国人ジョッキーによる桜花賞制覇となり、管理する手塚貴久もこれがクラシック初制覇となった。またデムーロ兄弟の1着、2着はJRAのGIレースでは史上初の兄弟ワンツー。ディープインパクト産駒も3年連続の優勝と昨年に続いて1着、2着となった。さらに直前の騎手変更による桜花賞制覇も史上初となった。しかしオークスは中団からの競馬になるも最後伸びきれず、4着となり2冠はならなかった。
引用元:アユサン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%82%B5%E3%83%B3