「高松商業」大森剛(つよし)「柳川商業」若菜嘉晴


次のプロ野球選手を
出身高校ごとに
グループ分けしなさい
65%

高松商業尼崎高校柳川商業
池山隆寛
大森剛
若菜嘉晴

池山 隆寛(いけやま たかひろ、1965年12月17日 – )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球解説者、野球指導者。現在は東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍チーフコーチを務める。
愛称は「ブンブン丸」。

プロ入りまで[編集]
兵庫県尼崎市出身。市立尼崎高校では三塁手、三番打者として1983年第65回全国選手権に出場。2回戦(初戦)では、延長10回の熱戦で加茂川重治投手のいた茨城東高に勝って3回戦に進むが、エース山田武史を擁する久留米商に9回逆転サヨナラ負けを喫する[1]。1983年度ドラフト会議にてヤクルトスワローズから2位指名を受けて入団。
引用元:池山隆寛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E5%B1%B1%E9%9A%86%E5%AF%9B

大森 剛 (おおもり たけし、1967年8月4日 – )は、奈良県出身の元プロ野球選手(一塁手、外野手)。現読売ジャイアンツ国際部課長。主に一塁手を務めたが、外野手として試合に出場したこともある。
長女はAKB48の大森美優[1]。

アマチュア時代[編集]
PL学園(大阪)、天理高校(奈良)からの誘いを断り、高松商業(香川)に入学する。高松商業高校では1年生の時に第65回選手権に出場。その後慶應義塾大学商学部へ進学し、2年生の春から4番打者として東京六大学、全日本大学選手権で優勝。3年生春の東京六大学野球では、打率.500、6本塁打、16打点でリーグ史上6人目の三冠王を獲得。リーグ通算88試合に出場し312打数111安打、17本塁打、78打点、打率.356。ベストナインに3度選ばれた。1988年にはソウルオリンピック野球日本代表として出場。選手19人のうち大学生は野村謙二郎(駒澤大)・笘篠賢治(中央大)・大森の3名だった。
1989年、大森と上宮高校の元木大介が巨人入りを志望していたドラフトで「高校生より下の指名なんて受けない」と宣言し、巨人は大森を1位指名した。元木は福岡ダイエーホークスからの指名を拒否して野球留学、翌年巨人に入団する。当時の看板選手だった中畑清引退直後にその代名詞ともいえる背番号「24」を継承したことに球団の期待が表れているが、大森本人はあまりに中畑のイメージが強いその背番号を背負うことをためらったという旨の発言をしている。
引用元:大森剛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E5%89%9B

若菜 嘉晴(わかな よしはる、1953年12月5日 – )は、元プロ野球選手(捕手)・コーチ。現在は野球解説者。福岡県八女郡羽犬塚町(現・筑後市)出身。
現役時代は西鉄・太平洋・クラウンライターライオンズ、阪神タイガース、横浜大洋ホエールズ、日本ハムファイターズに在籍していた。

柳川商業から1972年、ドラフト4位で西鉄ライオンズに入団。柳川商業から後述の阪神時代までチームメートだった真弓明信とは「ナッパ」「ジョー」と呼び合うほど親友として知られる。
引用元:若菜嘉晴 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E8%8F%9C%E5%98%89%E6%99%B4