インカビリア


1995年にロッテに入団した
現役メジャーリーガー
インカビリア(答)
Pete Incaviglia
57%

ピート・インカビリア(Peter Joseph “Pete” Incaviglia , 1964年4月2日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。

なお、エクスポズと契約してただちに移籍した一件を受け、MLBでは「ドラフトで獲得した選手は契約して1年が経過するまではトレードに出せない」という規則が追加された。これは俗にピート・インカビリア・ルールと呼ばれているが、日本でもすでに荒川事件を受けて同様の規則が制定されていた(その後「1年目シーズン開幕前の移籍禁止」に緩和されたが、これが江川事件の際に利用されることとなった)。
1995年、千葉ロッテマリーンズの監督に就任したバレンタインに誘われテスト入団[2]。背番号22。同時にロッテ入りしたフリオ・フランコとともに打線の軸として期待された。しかし日本の野球になじめず打率1割台と低迷、三振が多く活躍できなかった。日米のストライクゾーンの違い、環境の違い、投手の攻め方の差にカルチャーショックを受けたのが原因だった。シーズン中には二軍落ちを経験。マイナー経験の無いエリートメジャーリーガーが日本で初の二軍暮らしを経験することとなった。
引用元:ピート・インカビリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%A2