F1世界王者とデビュー ナイジェル・マンセル「ロータス」ネルソン・ピケ「エンサイン」アラン・プロスト「マクラーレン」

012ENXXIaSPGZ
次のエフワン世界王者と
デビュー時の在籍チームの
正しい組み合わせを選びなさい
ナイジェル・マンセル───ロータス
ネルソン・ピケ───エンサイン
アラン・プロスト───マクラーレン

ナイジェル・アーネスト・ジェームズ・マンセル CBE(Nigel Ernest James Mansell CBE, 1953年8月8日 – )は、イギリスのレーシングドライバー。
2014年現在、F1とCARTのチャンピオンを2年続けて獲得した唯一のドライバー。
1990年には大英帝国勲章・オフィサー章(OBE)を、2012年には同・コマンダー章(CBE)を受勲。2005年に国際モータースポーツ殿堂(The International Motorsports Hall of Fame)入り。
>1980年のF1第10戦オーストリアGPにて、ロータスからスポット参戦でF1デビュー。

ネルソン・ピケ・ソウト・マイオール(Nelson Piquet Souto Maior、1952年8月17日 – )は、ブラジル・リオデジャネイロ生まれの元F1ドライバーであり、F1世界選手権で1981年・1983年・1987年と、3度のドライバーズチャンピオンに輝いた。
>1978年第11戦ドイツGPにて、エンサインからデビュー。その後、第12戦オーストリアGPから第14戦イタリアGPまで、マクラーレン・M23を使用するカスタマーチーム・BSファブリケーションから参戦、イタリアGPで9位初完走を果たした。

アラン・マリー・パスカル・プロスト(Alain Marie Pascal Prost, 1955年2月24日 – )は、フランス人の元レーシングドライバー。1985年・1986年・1989年・1993年と4度のF1ドライバーズチャンピオンに輝いた。
1999年に国際モータースポーツ殿堂(The International Motorsports Hall of Fame)入り。レーシングドライバーのニコラ・プロストは長男。
>1980年
開幕戦アルゼンチンGPにて、マクラーレンからF1デビュー。予選12位から決勝6位と、デビュー戦での入賞を果たす。