マッサーロ「清水」イルハン「神戸」ビスコンディ「横浜マ」


次のサッカークラブを
所属したクラブごとに
グループ分けしなさい
52%

清水エスパルスヴィッセル神戸横浜マリノス
マッサーロ
イルハン
ビスコンディ

ダニエレ・マッサーロ(Daniele Massaro、1961年5月23日-)は、イタリア・モンツァ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションは主にFW、初期は主にMF、DFを務めたこともある。

清水エスパルス[編集]
ミランから他のセリエAのチームからのオファーを受けたが、Jリーグ・清水エスパルスへ移籍。ACミランの選手として来日して、エスパルスとの親善試合に参加、エスパルスへの移籍が正式に発表された。20試合10得点とその実力の片鱗を見せ、時折スーパープレーを見せたが、アルディレス監督の構想を外れ、スタンド観戦に回るようになり、翌年同クラブを退団後に選手生活から引退した。
引用元:ダニエレ・マッサーロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AD

イルハン・マンスズ(İlhan Mansız, 1975年8月10日 – )は、ドイツ・バイエルン州ケンプテン出身の元トルコ代表サッカー選手。トルコ系ドイツ人。ポジションはフォワード。トルコのフィギュアスケート選手(ペア)。

トルコ代表選手としては2001年10月のワールドカップ予選で初出場した。翌2002年のワールドカップ日本-韓国大会では、控え選手ながら準々決勝の対セネガル戦の延長戦で出場、決勝点となるゴールデンゴールを決めるなど、このチームの最多となる合計3得点を挙げ、トルコの3位躍進に貢献した。
トルコでもスター選手として人気のあるイルハンは、日本ではワールドカップの活躍中、「デビッド・ベッカムもかっこいいがそれにしてもあのトルコのあのいい男は誰?」と日本人女性の中で話題になり、人気者となった。女性週刊誌やワイドショーではたびたび彼の特集が組まれ、「イルハン王子」の愛称で女性を中心にファンを獲得し、写真集やDVDが発売されるなど一大ブームとなった。特に『週刊女性』は10週近くにもわたって連載が続けられた[1]。
2004年2月、日本のヴィッセル神戸に移籍。ワールドクラスの金額(移籍金5億円、年俸3億5千万円の2年契約)で獲得したものの、膝の古傷の痛みの再発により試合には3試合にしか出場せず[1]、6月20日にクラブに無断で帰国。クラブは戦力外とみなし、本人も復帰の意思を見せなかったため、そのまま退団することとなった。
引用元:イルハン・マンスズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BA

ダビド・ビスコンティ(David Carlos Nazareno Bisconti, 1968年9月22日 – )は、アルゼンチン・ロサリオ出身の元サッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー、フォワード。愛称はダビ。

1993年、横浜マリノスに加入し、攻撃的MFとして活躍。絶妙なパスワークに得点力の高さも併せ持ち、FKやCKの精度も高かった。1995年には27得点をマークし、サントリーシリーズ優勝とJリーグチャンピオンシップ制覇に大きく貢献する。
1996年に退団し、チリ、アルゼンチンなどのクラブで活躍。2000年再来日し、アビスパ福岡、サガン鳥栖でプレーした。2003年帰国した。
引用元:ダビド・ビスコンティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3