イースラー「1988来日、アッパースイング」


1988年日本ハムに入団
極端なアッパースイング
1988年打率.304、19本塁打
杉浦双亮のものまね
デューシー
イースラー(答)
オバンドー
ウインタース
69%


1995年日本ハムに入団
1995年に56試合で21本塁打
1996年は29本塁打も自ら退団
いとこのペレスは広島でプレー
ブリトー(答)

連想
1990年日本ハムに入団
雨天中断時に滑り込みを披露
4年連続で30本塁打を記録
踊るホームラン王
ウインタース(答)

連想
1980年日本ハムに入団
愛称は「サモアの怪人」 
1試合4本塁打を記録
1981年に本塁打王と打点王
ソレイタ(答)

連想
1999年日本ハムに入団
第1回WBCパナマ代表
2000年は打率.322、30本塁打
2002年に解雇も、2004年再入団
オバンドー(答)

マイケル・アンソニー・イースラー(Michael Anthony Easler, 1950年11月29日 – )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の元プロ野球選手(外野手)。

1988年シーズン途中、トニー・ブリューワとブライアン・デイエットがことごとく怪我で戦線離脱し外国人助っ人選手が不足していたNPBの日本ハムファイターズに入団。5月19日のNPBデビュー戦で初打席本塁打を記録した。同年は3番・田中幸雄、5番・大島康徳とクリーンナップを組み、結局最終戦まで4番の座を明け渡すことなく打率.304、19本塁打(いずれもチームトップ)の成績を残し、当時貧弱だったファイターズ打線の中で気を吐き前年に続くAクラス入り(3位)に大きく貢献した。極端なアッパースイングでフォロースルーでバットをすくい上げる独特のフォームが話題となった[1] 。
引用元:マイク・イースラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC

杉浦 双亮(すぎうら そうすけ、1976年2月8日 – )は、お笑い芸人。2016年の1シーズン、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツに所属した元プロ野球選手(投手)。選手としての登録名は「サブロク双亮」。
太田プロダクション所属。山内崇とのコンビ、360°モンキーズでボケ担当。
引用元:杉浦双亮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E6%B5%A6%E5%8F%8C%E4%BA%AE

バーナード・ブリトー・ペレス(Bernardo Brito Pérez , 1963年12月4日 – )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル出身の元プロ野球選手(外野手)。台湾球界での登録名は、伯納德。

入団初年度の1995年は、本塁打王が28本・打点王が80打点という年でありながら、56試合で21本・50打点という驚異のペースで本塁打と打点を量産した。しかし、シーズン後半に身内の不幸で母国ドミニカへ帰国。
1996年シーズン中、「日本の練習法が馴染めない」という理由で自ら申し出て退団。

>同時期に読売ジャイアンツに在籍していたマリオ・ブリトーとの血縁関係はない。マリオ・ブリトーと親戚関係ではないかという質問を頻繁にされて怒ったこともあった。2000年に広島東洋カープに入団したペレス・ブリトーは従兄弟であり、統一セブンイレブン・ライオンズのティルソン・ブリトーとは血縁関係があるという。
引用元:バーナード・ブリトー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%BC

マット・リトルトン・ウインタース(Matthew Littleton Winters , 1960年3月18日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー出身の元プロ野球選手(外野手)。

ファイターズ時代[編集]
1990年に日本ハムファイターズに入団[1]。その1990年のオープン戦は不振で、監督の近藤貞雄からは「このままだと開幕は二軍スタート」と言われる。しかし、オープン戦最終戦で3安打を放ち開幕一軍を勝ち取ると、持ち前の長打力を発揮。打率は2割7分前後が主だったが、入団以来4年連続30本塁打以上と中心打者として活躍[1]。
1994年は打率.260、22本塁打、81打点という成績だったが、日本ハムを退団して同年を最後に現役を引退[1]。
引退後はマイナーリーグのコーチ、スカウトを経て、現在は北海道日本ハムファイターズ駐米スカウトを務めている。

現役時代はプレー以外でもパフォーマンスでファンを沸かせた。彼自身、TBS「筑紫哲也ニュース23」のインタビュー中でも「野球はエンターテイメントであり、(プレーでもパフォーマンスでも)観客を喜ばせることこそ自分の仕事」と語っている。 なお、パフォーマンスの内容は以下のようなものであった。

>試合が雨でノーゲームになった時、パントマイムでホームランを放ち、ダイヤモンドを一周。マットの敷かれた本塁へ水しぶきをあげてヘッドスライディング
引用元:マット・ウインタース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9

トニー・ソレイタ(Tolia “Tony” Solaita , 1947年1月15日 – 1990年2月10日)は、アメリカ領サモア出身の元プロ野球選手(一塁手、外野手、指名打者)。通称:「サモアの怪人」。
過去の選手名鑑などの書物には、サモア独立国やソロモン諸島の出身とする誤りの記述もある。

翌1981年には4番を打ち、打率.300、44本塁打、108打点という素晴らしい成績を残し、本塁打王と打点王の二冠に輝き、同期入団のトミー・クルーズと共に日本ハムの19年ぶりとなるリーグ優勝の立役者となった。しかし、MVPは、3勝6敗25S防2.85の江夏豊、.300・16本・81打点の柏原純一に次いで3位という結果であった。「ソレイタが日本人だったらMVPだっただろう」と言われていた。以後、日本ハムの4番打者として大活躍。
1982年には指名打者部門のベストナインを受賞。
1983年まで4年連続30本塁打以上を記録。1983年限りで退団して現役を引退。故郷のサモアへ帰ると公務員となり、第2の人生をスタートさせたが、1990年2月10日、土地取引のトラブルに巻き込まれ、路上で某住民の手により、銃で射殺された。享年43歳の若さだった。
引用元:トニー・ソレイタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BF

シャーマン・オマール・オバンドー・ガイノル(Sherman Omar Obando Gainor , 1970年1月23日 – )は、パナマ共和国[1]ボカス・デル・トロ県チャンギノラ出身の元プロ野球選手(外野手、指名打者)。右投右打。

2004年シーズン途中に自腹で再来日し、日本ハムに売り込みに来る。当時の日本ハムはエンジェル・エチェバリアの不振、8月にはアテネオリンピック野球日本代表に小笠原道大、金子誠を派遣することになっており、打線の補強が急務であった。オバンドーは入団テストの上、破格の低年俸(推定1,000万円)で再契約し、日本球界に復帰。記者会見では「現役の最後は、大好きな日本ハムで終わりたい」とコメントした。その2004年は往年の長打力と、勝負強い打撃でチームをAクラス(3位)に押し上げプレーオフにも出場した。
2005年シーズン途中、打撃不振のため解雇された。
2006年3月に第1回WBCのパナマ代表に選出された[2]。5番・指名打者として出場していたが、チームは予選敗退に終わった。
引用元:シャーマン・オバンドー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC