藤田俊哉「磐田、名古屋、熊本、市原」




次のJリーグのクラブを
元サッカー選手の藤田俊哉が
現役時代に所属した順に
選びなさい
ジュビロ磐田
名古屋グランパス
ロアッソ熊本
ジェフユナイテッド市原・千葉
42%


ジュビロ磐田などでプレー
ドイツW杯直前に怪我で代表離脱
2011年にアビスパ福岡で引退
ポジションはDF
田中誠(答)
藤田俊哉
奥大介
名波浩

藤田 俊哉(ふじた としや、1971年10月4日 – )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはミッドフィールダー。
10年に渡り日本代表にも選出。2001年にJリーグ最優秀選手賞を受賞。

>このような経緯で磐田に復帰したものの、2004年末より監督に就任した山本昌邦の方針で出場機会が激減。代表へのこだわりを持っていたことから、出場機会を求めて2005年のシーズン途中に名古屋グランパスエイトに移籍した。名古屋では足掛け4年にわたってチームの精神的支柱として活躍したが、2008年にはMF小川佳純の台頭もあり出場機会が減少。高年俸もネックとなりシーズン終了後に戦力外通告を受ける。
J1クラブも含めて複数のオファーの中から、最も熱心に誘われたJ2・ロアッソ熊本に移籍した。これはロアッソ熊本のスポンサーであった藤田株式会社の藤田勲社長が同じ藤田姓の縁で強く獲得を希望してのものだった。その際、藤田の獲得資金としてスポンサー料を倍額にしている。[1]。

所属クラブ[編集]
1987年 – 1989年 清水商業高校 2年生時に高校選手権で優勝。
1990年 – 1993年 筑波大学
1994年 – 2005年6月 日本の旗 ジュビロ磐田
2003年8月 – 2003年 オランダの旗 FCユトレヒト(レンタル移籍)
2005年6月 – 2008年 日本の旗 名古屋グランパスエイト/名古屋グランパス
2009年 – 2010年 日本の旗 ロアッソ熊本
2011年 日本の旗 ジェフユナイテッド市原・千葉
引用元:藤田俊哉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E4%BF%8A%E5%93%89