「岡山恭崇」日本人初NBAドラフト指名


1981年にNBAのウォリアーズ
からドラフト指名されたものの
入団せずに日本でプレーを続けた
元バスケットボール選手は?
恭文野臥太
山青岡崇彦
岡山恭崇(答)
おかやまやすたか
11%

岡山 恭崇(おかやま やすたか、1954年11月29日 – )は、熊本県出身の元バスケットボール選手。現役時代のポジションはセンター。

身長230cm(7フィート7インチ)の長身を生かしたプレーが魅力で、得点王や敢闘賞などの個人タイトルも数多く獲得。一方で全日本の中心選手として1979年から8年間に渡り活躍した。1981年のNBAドラフトでは、ゴールデンステート・ウォリアーズからドラフト8巡の10番目で指名を受けた[2]。NBAのドラフト指名は日本人初。しかし、プレーはしていない。
1990年に現役を引退し、アメリカでのコーチ研修を経て1993年から1995年まで住友金属アシスタントコーチ。1996年から1999年まで母校である大阪商業大学アシスタントコーチを務めた。
引用元:岡山恭崇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E6%81%AD%E5%B4%87