「澤崎俊和」広島の新人王投手


1996年に青山学院大学から
広島東洋カープに入団した
投手で、翌年12勝を挙げて
新人王に選ばれたのは?
幸俊内崎澤
山河泰貴和
澤崎俊和(答)
34%

澤﨑 俊和(さわざき としかず、1974年9月21日 – )は、千葉県出身の元プロ野球選手(投手)。現在は広島東洋カープ二軍投手コーチ。

志学館高等学校(現:志学館高等部)から青山学院大学へ進み、4年春のリーグ戦でMVPと最優秀投手に選ばれ、日米大学野球代表に選出される。1996年の全日本アマチュア野球王座決定戦(現在は廃止)でも住友金属を下しアマチュアNo1投手となった。東都大学リーグ通算45試合登板、18勝9敗 防御率2.09 204奪三振。最優秀投手2回(3年秋、4年春)、ベストナイン2回(3年秋、4年春)。大学の同級生に、井口資仁・倉野信次・清水将海らがいる。
1996年度ドラフト会議にて広島東洋カープから1位指名(逆指名)を受けて入団。1位が澤崎で2位が黒田博樹だった。抜群のコントロールとスライダーを武器に1997年12勝を挙げ、新人王に輝き、1999年には、ストッパーとして14セーブを挙げるが、2000年・2001年と右肘を故障に見舞われる。2003年・2004年は中継ぎで40試合近く登板したが、2005年に再び故障。
同年のシーズン終了後、故障が元で自由契約となり、そのまま現役を引退。
引用元:澤崎俊和 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%A4%E5%B4%8E%E4%BF%8A%E5%92%8C