「レセプション」サーブを受ける動作


バレーボールのレシーブで
サーブに対してのものを
レセプションという
◯(答)
×
42%

ディグ(Dig)
相手陣からアタック・ヒットされたボールを受ける動作。Dig=掘る動作に似ていることから。国際的にスパイクレシーブは一般的でなく、ディグという用語を使用する。

レセプション
相手陣から打たれたサーブを受ける動作。
引用元:バレーボールの用語一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7

レセプション

相手からのサーブを受けるプレーのことをいいます。これはサーブレシーブと同義。加えてサーブを受ける状態を指すこともあります。「次はレセプションだよ」と言えば、プレーそのものではなく、相手にサーブ権がありサーブを受ける状態のことになります。
引用元:【バレーボール】レセプションとディグの違い | わにゴコロ http://wanigokoro.com/reception-and-dig-difference

ディグ

アタックを受けるプレー、全般に使われます。サーブを受けるプレー以外は全てディグと考えてください。

「ディグが良い」というと強烈なスパイクを拾うイメージがありますが、フェイントやツーアタックを上げるプレーもディグにあたります。ブロックされたボールを上げるのもディグとなります。
引用元:【バレーボール】レセプションとディグの違い | わにゴコロ http://wanigokoro.com/reception-and-dig-difference