ウェンロック


2012年に開催された
ロンドン五輪のマスコットです
ウェンロック(答)
75%


オリンピックスタジアム建設の際に使われた鉄片から作られた人形が、虹の光を受けて生命を吹き込まれた謎の存在。それがロンドンオリンピックの公式マスコット、ウェンロックです(パラリンピックのマスコットはマンデビル)。ウェンロックの名前は、「近代オリンピックの祖」ピエール・ド・クーベルタン男爵がオリンピック開催の着想を得たとされるイギリス中部の街、マッチ・ウェンロックにちなんでいます。
引用元:ロンドンオリンピック2012 マスコット紹介- JOC http://www.joc.or.jp/games/olympic/london/mascot/

ウェンロックとマンデヴィル(Wenlock and Mandeville)は、それぞれ2012年ロンドンオリンピックと、2012年ロンドンパラリンピックの公式マスコットキャラクターである。

2体共通の特徴
どちらも「IRIS NATION」社[3]のGrant Hunterによるデザイン[4][5]で、2010年5月19日に発表された[6]。額付近にはロンドンタクシーのランプを思わせるオレンジ色の小さなものがあり、それぞれW、Mの一文字が書かれている。また、目はカメラになっており、感動的なシーンを収めることが可能となっている[7]。
この2体の「五輪スタジアムの建設に携わっていた老人が定年後、スタジアムに使われた最後の鉄骨のしずくで孫のために作った人形が、虹の光を受けて生命が吹き込まれた」という設定[2][7]は、児童作家マイケル・モーパーゴ(Michael Morpurgo)の考案という[6]。

ウェンロック[編集]
名称の由来は、シュロップシャーの地名マッチ・ウェンロック[注 1]。
引用元:ウェンロックとマンデヴィル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB

マッチ・ウェンロック(Much Wenlock)は、ウェスト・ミッドランズのシュロップシャーにあるタウン。
2012年のロンドンオリンピックのマスコットである「ウェンロック」は、この町の名前から来ている。
地質時代の古生代シルル紀のウェンロック世 (英語版)は、この町にある石灰岩層のウェンロック層 (英語版)に因む。
引用元:マッチ・ウェンロック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF