「日程くん」


Jリーグの対戦カードを決める
システム、マッチスケジューラー
の愛称は「◯◯くん」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
にってい(答)
「日程くん」
35%

171PqKKmoHSqA
フランス・SUP社が開発した
サッカーのプレー分析システム
アミスコ
Amisco
引用元:「アミスコ」Amisco サッカーのプレー分析システム SUP社「Sport Universal Process」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/9289/

Jリーグ・マッチスケジューラーは、公益社団法人日本プロサッカーリーグが導入している、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)リーグ戦及びJリーグYBCルヴァンカップの競技日程や対戦カードを自動作成するシステム(専用アプリケーションソフトウェア)のことである。通称「日程くん」[1][2]。

>2014年にJ3リーグが発足し日程条件の設定が以前より複雑化することと、従来のシステムのサポート期限が迫っていたことを踏まえ、システムの刷新を決定。複数のベンダーを比較し、新日鉄住金ソリューションズを開発パートナーに決定[5] し、専用のカスタム数理モデルと高性能最適化エンジン「Gurobi(英語版) Optimizer」を採用して、2014年の試合日程作成では、J1の場合が最大2時間から約3分から5分に、チーム数の多いJ2の場合が最大24時間以上から約1時間にそれぞれ処理時間が短縮されており、競技ルール・公平性を満たしつつ、各クラブの要望に対しきめ細かい調整が可能となった[6]。
引用元:Jリーグ・マッチスケジューラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

毎年、最終節までもつれる優勝と残留争いの行方。ドラマが生まれる要因の1つとなっている「日程」を作成しているのは、人ではない。「日程くん」と呼ばれるソフトだ。Jリーグでは担当者が前年12月までに各クラブからホームスタジアムの使用不可能日を調査した上で翌年1月にそのシーズンの日程、対戦カード、会場を決定する。03年まで手作業だったが、クラブ数の増加で04年から「日程くん」を使用。J3が始まった14年からは進化した「新・日程くん」がその役割を担っている。

 担当者はあらかじめ、日程くんには競技や興行上の公平性を守る条件、ACL出場チームや降雪地の日程面の調整などを入力する。具体的には(1)3試合以上のホーム、アウェー連続回避(2)第1S第1節にホームで始まるチームは第2S最終節はアウェー。アウェーならホーム(3)平日開催の均等化(4)開幕戦から第5節まで少なくとも2試合はホーム(5)中2日の試合数の均等化(6)夏休み、GWなど繁忙期のホームの均等化などだ。

 ◆新・日程くん 日程作成は天皇杯決勝後の5日間程度で行われる。J3が始まった14年から新日鉄住金ソリューションズがITパートナーに。従来の日程くんより、処理が速くなったほか、回答が得られない矛盾条件がどこなのかも的確に指摘するため、より公平な日程を出すことができるようになった。「日程くん」の呼び名の由来に、Jリーグ関係者は「日程の担当者にとっては人工頭脳の相棒。初代の担当者が擬人化して呼んだ名前が広がったようです」と説明した。
引用元:J最終節ドラマ陰の演出家「日程くん」の秘密に迫る – サッカー : 日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/soccer/news/1605139.html