三浦泰年監督「ギラヴァンツ北九州」「東京ヴェルディ」


次のうち
三浦泰年が監督を務めた
Jリーグのサッカークラブを
全て選びなさい
ヴィッセル神戸
ギラヴァンツ北九州(答)
東京ヴェルディ(答)
30%


三浦知良の兄である元サッカー
選手で、引退後はギラヴァンツ
北九州や東京ヴェルディの監督
を務めたのは?
安敏浦泰文
淳丈宏年三
三浦泰年(答)

三浦 泰年(みうら やすとし、1965年〈昭和40年〉7月15日 – )は、静岡県静岡市出身のサッカー指導者、元サッカー選手、元サッカー解説者。通称はヤスで、”カズ”こと実弟の三浦知良と二人合わせて「ヤスカズ兄弟」とも称される。

監督歴
2011-2012 ギラヴァンツ北九州
2013-2014 東京ヴェルディ1969
2015    チエンマイFC
2016    カターレ富山
2017-   鹿児島ユナイテッドFC

>静岡学園高校時代からテクニシャンとして名を馳せたが、長谷川健太らを擁する清水東高校の全盛時代でもあり全国の舞台とは無縁であった。同期には向島建がいる。1984年に卒業後、ブラジルのサントスFCでのサッカー留学を経て、1986年に読売サッカークラブに入団。

>2011年2月、ギラヴァンツ北九州の監督に就任[1]。開幕前には、前シーズンに北九州が挙げた勝ち点15の4倍近い数値となる「勝ち点56」を目標に掲げた。初の監督業、また前年にわずか1勝での最下位に終わった北九州での指揮ということもあり下馬評は低かった[要出典]。しかし木村祐志を始めとした他チームで出場機会の得られなかった若手選手を集め、開幕から徹底してパスを繋ぐ攻撃的サッカーを貫き、上位チームを次々に撃破。一時は5位にまで順位を上げ、昇格争いにも顔を出した。最終的に、開幕前の目標だった勝ち点56を見事に達成し、勝ち点58の8位の成績を収めた。

>2013年より、東京Vの監督に就任[4]。しかし、2月19日に行われた練習試合で、ペ・デウォンがカマタマーレ讃岐の藤田浩平に重傷を負わせる事態となった際の審判に対する言動が問題となり、東京V側の自主的処分として、J2リーグ戦開幕から2試合ベンチ入り停止となった[5]。2013年はクラブ史上ワーストの13位に終わり、2014年も成績はさらに悪化、20位に低迷していた9月15日に解任された[6]。
引用元:三浦泰年 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E6%B3%B0%E5%B9%B4