「山崎慎太郎」新宮高校、ダイエー・広島


新宮高校出身
ダイエー、広島でもプレー
近鉄時代は開幕投手も
2002年オリックスで現役引退
小池秀郎
加藤哲郎
山崎慎太郎(答)
佐野重樹
49%


松下電器から近鉄に入団
ドラフトで8球団が競合氏名
中日、楽天でもプレー
1997年パ・リーグ最多勝
小池秀郎(答)

連想
近畿大学から近鉄に入団
中継ぎ投手初の1億円選手
中日、オリックスでもプレー
ピッカリ投法
佐野重樹(答)

連想
宮崎日大高校出身
1995年にダイエーで引退
近鉄バファローズで活躍
巨人はロッテより弱い
加藤哲郎(答)

山崎 慎太郎(やまさき しんたろう、1966年5月19日 – )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。

>新宮高校から1984年、ドラフト3位で近鉄に入団。1986年は、アメリカルーキーリーグに野球留学した。1987年にプロ初勝利を完投で飾り華々しくデビュー。1988年に一軍に定着するといきなり13勝を挙げる[1]。同年、「10.19」に望みをつなぐ、10月18日のロッテ戦、翌年のラルフ・ブライアント4連発前の西武戦でいずれも勝利投手になる[1]。近鉄時代は開幕投手や3度の二桁勝利を挙げ、小池秀郎らと共に主軸として活躍した。1988年から2年間近鉄の一軍投手コーチだった権藤博は西武戦が得意な投手だったと著書の中で記している[2]。
引用元:山崎慎太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E

小池 秀郎(こいけ ひでお、1969年3月18日 – )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手(投手)。

>同年のドラフトでは。後述するような入団希望の表明があり、西武、ヤクルト、阪神、ロッテ、中日、広島、日本ハム、近鉄の8球団が小池を1位で指名した。その結果、1989年の野茂英雄と並ぶ8球団競合指名となった。抽選によりロッテが交渉権を得たが、小池は入団を拒否。松下電器に入社し、野球部でプレーすることになった。またドラフト当日ロッテは当初湯舟敏郎を指名する意向だったが、監督だった金田正一がチーフスカウトが書いた提出用の用紙を取り上げて小池を指名したという逸話がある(金田は前年のドラフトでも小宮山悟を指名する意向だったフロントに反して野茂英雄を指名している。この時は結局野茂の抽選を外して小宮山を指名している)。
引用元:小池秀郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%A7%80%E9%83%8E

佐野 慈紀(さの しげき、1968年4月30日[注 1] – )は、愛媛県松山市出身[注 2]の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家。所属プロダクションは有限会社セットアッパー[9]であり、同社の代表取締役を務める[10][11]。また、石川ミリオンスターズの取締役でもある[12]。本名およびかつての登録名は、佐野 重樹(読み同じ)[注 3]。愛称は「ハゲ魔神」。
中継ぎ投手としては、日本プロ野球(NPB)史上初の年俸1億円プレイヤーだった[13]。
「慈紀」については、「滋紀」「慈樹」と誤記される場合もある[注 4]。

>愛媛県立松山商業高等学校時代の1986年夏に水口栄二らと第68回全国高等学校野球選手権大会に出場して準優勝に貢献した(当時は右翼手兼控え投手)。近畿大学工学部(呉キャンパス)進学後、同学部内硬式野球部(広島六大学野球連盟加盟チーム)[注 5]でエースとなり、リーグ10連覇に貢献[18]、最優秀投手賞を4回受賞[18]する。
1990年のプロ野球ドラフト会議で近鉄バファローズから3位指名を受け、入団。ルーキーイヤーの1991年では中継ぎ中心に登板して6勝を挙げた。
1993年には、防御率2.00(厳密には1.995)を挙げ、近鉄では主に中継ぎ投手として活躍。1995年には自身初の二桁10勝を挙げる。1996年オフには中継ぎ投手として日本プロ野球史上初の1億円プレーヤーとなる。
引用元:佐野慈紀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E9%87%8E%E6%85%88%E7%B4%80

加藤 哲郎(かとう てつろう、1964年4月12日 – )は、宮崎県宮崎郡佐土原町(現:宮崎市)出身の元プロ野球選手(投手)・野球解説者・タレント。血液型はAB型。身長185cm、体重90kg。

>近鉄と巨人が対戦した1989年の日本シリーズで、加藤は10月24日の第3戦(東京ドーム)に近鉄の先発投手として登板。挙式を控えた婚約者も観戦する中、6回1/3を3安打無失点に抑え勝利投手となり、近鉄は3連勝で日本一に王手をかけたが[3]、試合後のインタビューで「巨人はパ・リーグ最下位のロッテより弱い」と発言したとして、各種メディアによって報じられた。
第4戦から巨人が3連勝し両チーム3勝3敗となり、加藤は優勝のかかった10月29日の最終第7戦(藤井寺球場)に再び先発したが、2回表に駒田徳広に先制のソロ本塁打を打たれ、この時駒田に「バーカ!」と近鉄ベンチに向かって叫ばれる[4]など、3回3分の1を投げて3失点で降板。近鉄は試合に敗れ、悲願の日本一を逃した。しかし加藤は後に「お願い!ランキング」において駒田と対談した際に、「あのバカ発言は聞こえていなかった」と駒田に述べており、「もし聞こえていたら次の打席で頭に死球を当てていたと思う」とも振り返っている。この発言には駒田も「もし聞こえたら(頭部に)ぶつけられるのも覚悟しようと思っていた」と発言している[5]。

>加藤自身は二宮清純との対談で、報知新聞の近鉄担当記者に「(巨人は)ロッテより弱いんちゃうの?」と振られ、「あれだけ、ええピッチャーおったら(リーグ)優勝するで。でも打線はアカンなぁ」と答えた。すると、後半部分だけが、「巨人はロッテより弱い」という話にすり替えられたと主張している[9]。
なお、当時同僚の阿波野秀幸は、加藤の人物像にも関連づけて「普段から(自分が勝利投手になったときの相手を)『きょうは手ごたえがなかった』とか言える男なんですよ」「(あの発言は)普段どおり」「(本人にとっては)特別挑発的なことを言ったわけではない」と振り返っている[10]。
引用元:加藤哲郎 (野球) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%93%B2%E9%83%8E_(%E9%87%8E%E7%90%83)