「レジー・ミラー」永久欠番31 ペイサーズのクラッチシューター


背番号「31」は永久欠番
クラッチシューターとして有名
3Pシュート成功率NBA歴代2位
インディアナ・ペイサーズで活躍
レジー・ミラー(答)
パトリック・ユーイング
ラリー・バード
デビッド・ロビンソン
43%

048bzxvWxWRJq
次のバスケットボール選手を
NBA通算フリースロー成功率の
上位から順に選びなさい
マーク・プライス
リック・バリー
カルビンマーフィー
ラリー・バード
マイケル・ジョーダン
引用元:「NBAフリースロー成功率上位」マーク・プライス・リック・バリー・カルビンマーフィー・ラリーバード・マイケル・ジョーダン「腕まくりでからまん」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/7147/

レジー・ミラー(Reginald Wayne Miller、1965年8月24日- )はNBAで活躍した元プロバスケットボール選手で、現在はTNTのNBA解説者。カリフォルニア州リバーサイド出身。身長201cm、体重88.5kg。1987年のNBAドラフト1巡目11位でインディアナ・ペイサーズに指名され入団以降、18年間チームのフランチャイズプレーヤーとして活躍して引退。リーグ屈指のアウトサイドシューターとして名を馳せた。背番号「31」はペイサーズの永久欠番。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)出身。

プレースタイル[編集]
ミラーは2011年2月10日にレイ・アレンに抜かれるまで成功数歴代1位として君臨していた記録を持つ3ポイントシュートの名手であり、試合の重要な局面で得点をあげるクラッチシューターであった。味方のスクリーンを非常に上手く使ってノーマークでボールをもらい、高確率でアウトサイドシュートを決めた。ボールを持ってからシュートを打つまでの時間が極めて短く、ディフェンスが追いつく前にシュートを放った。アウェイ・ゲームで数々の奇跡的な逆転劇を幾度にわたり演出しており、試合終了間際はその活躍ぶりから、ミラーのための時間という意味合いで「ミラー・タイム」と呼ばれた。会場でもよくアナウンスが流されたこの言葉は、ミラービールのCMキャッチコピーをパロディして生まれたものである。試合中に相手を挑発し続けるトラッシュ・トークも彼の得意技の一つであった。
引用元:レジー・ミラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC

クラッチ・シューター とは、バスケットボールにおいて、ここ一番でショットを何度も決める事のできる、土壇場に強い選手。clutchとは“捕える”“ぐっとつかむ”という意味で、転じてスポーツ全般においては「プレッシャーのかかる局面において良い働きをすること」の意で使われる。バスケットボールの場合、試合終盤、特に一本のシュートで勝敗が分かれるような競った場面をクラッチ・タイムと呼ぶ。また、試合終了と同時に決まるシュートをブザービーターと呼び、最も観客が沸く瞬間である。
引用元:クラッチ・シューター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC