「グランプリボス」父サクラバクシンオー母ロージーミスト


2008年3月28日生まれ
父はサクラバクシンオー
母はロージーミスト
2011年NHKマイルカップ優勝馬
グランプリボス(答)
エリンコート
オルフェーブル
アヴェンチュラ
57%


2008年5月14日生まれ
父はステイゴールド
母はオリエンタルアート
2011年に皐月賞・ダービー優勝
オルフェーブル(答)

連想
2008年3月10日生まれ
父はデュランダル
母はエリンバード
2011年のオークス馬
エリンコート(答)

連想
2008年3月7日生まれ
父はジャングルポケット
母はアドマイヤサンデー
2011年の秋華賞馬
アヴェンチュラ(答)

グランプリボス(英:Grand Prix Boss)は、日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。おもな勝ち鞍は2010年の朝日杯フューチュリティステークス、2011年のNHKマイルカップ。

父 サクラバクシンオー
母 ロージーミスト
母の父 サンデーサイレンス

3歳[編集]
2011年3月26日のスプリングステークスに出走、4番手で追走し4コーナーで先頭に立って直線に向かったが、伸びず4着に終わった。レース後、陣営は距離適性を考慮して皐月賞を回避し、NHKマイルカップを最大目標に定め[6]、4月9日のニュージーランドトロフィーに出走した。4〜5番手追走から脚を伸ばしたがエイシンオスマンの3着だった。5月8日のNHKマイルカップは鞍上がクレイグ・ウィリアムズに乗り替わり、1番人気で出走。中団前目7番手で折り合ってレースを進め、直線では馬群の外に持ち出してから伸びると、残り100m付近で一気に抜け出して勝利。GI2勝目を挙げた。JRA賞最優秀2歳牡馬がNHKマイルカップを制したのは同馬が初めて。NHKマイルカップ後はイギリスに遠征し、6月14日にアスコット競馬場で行われるセントジェームズパレスステークスに出走した。レースでは道中2〜3番手に付けるも、直線で後退し8着に終わった[7]。
引用元:グランプリボス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%82%B9