なかのはじむ「中埜肇」



1985年の日航機墜落事故で
亡くなった、阪神の球団社長
中埜肇
なかのはじむ(答)
35%

中埜 肇(なかの はじむ、1922年3月31日 – 1985年8月12日)は、日本の昭和中期から後期(1940年代後半 – 1980年代中盤)の技術者、実業家。阪神電気鉄道株式会社(以下、阪神電鉄)専務取締役鉄道事業本部長、阪神タイガース(以下、阪神)取締役社長。福音派のクリスチャンだった。
球団社長在職中の1985年8月12日、群馬県多野郡上野村高天原山山中(御巣鷹の尾根)での日本航空123便墜落事故により死去した。

>1984年の10月には子会社であるプロ野球球団・阪神の球団社長へ就任したが、中埜は元々野球のことにはあまり詳しくなかった。しかし中埜は「タイガース(阪神)のことを知っておくのも本社役員としての任務」と考えており、球団社長就任後は家に帰れば必ず全テレビ局のスポーツニュースを視聴して、翌朝は全てのスポーツ新聞に目を通すなどして野球について猛勉強した。そして、ホーム球場、ビジター球場を問わず頻繁に訪れ、かばんの中には常に応援歌『六甲おろし』の歌詞コピーを入れて「みんなに歌ってもらおう」と周囲の人に配布したりしていた。
球団内の事に関しては基本的に球団代表の岡崎義人に任せ、中埜自らは管理者に徹していた。また、ビジター球場(もしくは地方主催球場)にも自ら訪れて試合終了後に選手一人一人を労っていた。

事故前と当日[編集]
事故前々日の1985年8月10日から2日間、阪神が福岡県福岡市の平和台球場で地方主催試合(対中日戦)を行っていたため、中埜も福岡まで赴き、10日の試合後はロッカールームに戻ってきた阪神の選手一人一人と握手を交わし、選手を労っていた。翌8月11日昼に帰阪して、その日の阪神戦は自宅で観戦した。
8月12日午前の役員会議で、当時の阪神電鉄社長で球団オーナーも務めていた久万俊二郎が所用で東京都千代田区霞が関の運輸省で行われる民鉄協の会議に出られなくなったことから中埜が久万の代理で急遽民鉄協の会議に出席することとなり、電鉄本社常務取締役の石田一雄と同道して12時25分伊丹発の全日空(ANA)24便で東京へ移動した。そして、同会議終了後に帰阪のため羽田発大阪(伊丹)行の日本航空(JAL)123便に搭乗したが、飛行中に群馬県の山中に墜落する事故(日本航空123便墜落事故)を起こしてしまい石田と共に死亡した。63歳没。阪神の21年ぶりの優勝を目前にしての死であった。中埜の妻によると、当初は18時羽田発のANA35便で帰阪する予定だったが、何らかの事情により同時刻発のJAL123便に変更されたという。
引用元:中埜肇 (実業家) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9F%9C%E8%82%87_(%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6)

次男の中埜克(なかの・まさる)さん。多忙な中、本紙のインタビューに応じてくれた。父親譲りという真面目で真っすぐな性格。当時の記憶を一つ一つ思い出しながら語ってくれた=9月17日、克さんの自宅

>克さんは、父・肇さんの遺体を兄弟で確認した。母トシさんには見せることができなかったという。群馬県藤岡市の旧市民体育館へ次々に運び込まれて来る乗客の遺体や遺品。その数はあまりに多く、亡骸を確認しなければならない遺族の苦痛、悲しみは想像を絶する。克さんは当時のつらい記憶も語ってくれた。「医師は、墜落の衝撃で体内から内臓が飛び出てしまうと言う」「だから、遺体が運び込まれて来る体育館には、まともな状態のものはなく、ほとんどが肉片か、燃えた炭のような形でした。何人もの乗客が重なって一体となり、誰が誰か全く分かりませんでした」

肇さんの遺体は、事故後1週間もしない間に見つかったという。「遺体と称するものが出ました。歯形の資料を会社から取り寄せていました。着ていた服とネクタイと阪神タイガース50周年のネクタイピンが見つかりました」。遺品を見て「間違いない」と思ったという。ミイラのように布で巻かれた遺体は顔の一部と頭が少し見えていたが損傷が激しく、最後まで、母に見せることができなかったと当時を振り返る。

「火葬後に『骨上げ』をしますが、わずかに積まれている状態でした。母はやっぱり体の一部しかなかったのだと嘆きました」。遺族が受ける悲しみ、ショックはどれだけ大きかったか。当時は遺体の収容作業で警察や消防、自衛隊が現場へ入り、医師も関東中から集結し徹夜で対応に追われた。葬儀はキリスト教式で行われた。特に熱心にキリスト教を信仰していた母トシさんの意向だった。
引用元:この人に聞く(18)日航機事故から31年目の夏② 中埜肇・阪神タイガース元球団社長の次男・中埜克さん : 社会 : クリスチャントゥデイ http://www.christiantoday.co.jp/articles/22535/20161110/konohito-ni-kiku-nakano-hajimu-2.htm