「カンナバーロ」ナポリ、インテル、レアル・マドリード


次のサッカークラブを
イタリア代表として活躍した
ファビオ・カンナバーロが
所属した順に選びなさい
ナポリ
インテル
レアル・マドリード
53%

ファビオ・カンナヴァーロ(Fabio Cannavaro、 1973年9月13日 – )は、イタリア・ナポリ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。中国・甲級リーグの天津権健の監督を務めている。元イタリア代表でもある。現役時代のポジションはディフェンダー。
イタリア代表では、パオロ・マルディーニの代表引退後、キャプテンの座を引き継いだ。代表136キャップを記録しているが[2]、これはジャンルイジ・ブッフォンが更新するまでイタリア代表の歴代最多出場であった。
2006年ワールドカップ・ドイツ大会でイタリアを優勝に導き、当年のバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)、イタリアサッカー連盟MVP、UEFAベストイレブンおよびFIFA最優秀選手賞にも選ばれた。
弟はサッカー選手のパオロ・カンナヴァーロ。日本においてはカンナバーロなどと表記されることもある。

クラブ1
年 クラブ 出場 (得点)
1992-1995 イタリアの旗 ナポリ 58 (1)
1995-2002 イタリアの旗 パルマ 212 (5)
2002-2004 イタリアの旗 インテル・ミラノ 50 (2)
2004-2006 イタリアの旗 ユヴェントス 74 (6)
2006-2009 スペインの旗 レアル・マドリード 90 (0)
2009-2010 イタリアの旗 ユヴェントス 27 (0)
2010-2011 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ 16 (2)
引用元:ファビオ・カンナヴァーロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AD