ホセ・「バティスタ」


2010、11年と2年連続で大リーグ
ア・リーグの本塁打王に輝いた
選手はホセ・◯◯◯◯◯?
オテシスト
カンィョウ
バルチネタ
バティスタ(答)
「ホセ・バティスタ」
28%

ホセ・アントニオ・バティスタ(José Antonio Bautista, 1980年10月19日 – )は、ドミニカ共和国・サントドミンゴ出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLB・トロント・ブルージェイズ所属。
Bautistaの日本語メディアの表記には様々なものがあるが、本人はドミニカ共和国の公用語であるスペイン語ではオティスタ[2]、英語ではバティースタ[3]と発音している。

>2011年2月17日、5年総額6400万ドル(2016年の球団オプションも含めると6年総額7800万ドル)で契約延長に合意した。バーノン・ウェルズ(7年1億2600万ドル)、アレックス・リオス(7年6983万5000ドル)、カルロス・デルガド(4年6800万ドル)に次いで球団史上4位の大型契約となった[15]。開幕後も本塁打を量産し、前半戦だけで31本塁打を放った。オールスターのファン投票では1994年にケン・グリフィー・ジュニアが記録した606万9688票を大きく上回る史上最多(当時)の745万4753票を集め、名実共にスター選手の仲間入りを果たした[16]。後半戦は足首の故障などもあってペースダウンしたが、43本塁打で2年連続の本塁打王となり、前年の成績はフロックとの声を一蹴した。打率も3割に乗せ、両リーグ最多の四球を選ぶなどバッティングの確実性が向上した。オフには母国ドミニカ共和国のメディアに対し、過去2年間で16回ものドーピング検査を受けていたことを明かした。それ以前の2年間では合計3回だったことも明かし、表向きにはランダム抽出とされているドーピング検査が一部の選手に対して”狙い打ち”されているのではないかとして話題になった[17]。
引用元:ホセ・バティスタ (外野手) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF_(%E5%A4%96%E9%87%8E%E6%89%8B)