「一ノ矢」国立大学初の力士


琉球大学理学部在学中には
相撲部を創設している人物で
1983年に初の国立大学出身の
大相撲力士となったのは誰?
傘ノ海
黒光川
一姫山
一ノ矢(答)
27%

一ノ矢 充(いちのや みつる、1960年12月28日 – )は鹿児島県大島郡徳之島町出身で高砂部屋(入門時は若松部屋)所属の元大相撲力士である。得意手は押し、出し投げ、肩透かし。2007年11月28日の引退時点で現役最年長力士だった。昭和以降の最高齢力士、初の国立大学出身の力士でもある。本名は松田哲博。血液型AB型。最高位は東三段目6枚目(1991年7月場所)。

>琉球大学理学部物理学科在学中に相撲部を興す。大学卒業後、元関脇・房錦の若松部屋に入門、国立大学出身力士としては史上初の角界入りを果たした。身長が規定に及ばず(身長165cm、合格基準173cm)新弟子検査を合格することができないまま半年ほど過ぎたが、1983年(昭和58年)11月場所の新弟子検査で身長の計測係だった鏡山親方(元横綱・柏戸)のお情けで合格[1]、大学時代の実績がほぼ皆無であったため幕下付出の資格は得られず前相撲から初土俵を踏んだ。
引用元:一ノ矢充 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E3%83%8E%E7%9F%A2%E5%85%85