「ヤマト卓球株式会社」松下浩二が社長


日本初のプロ卓球選手として
知られる松下浩二が社長を務めて
いる会社は「◯◯◯卓球」?
◯を答えなさい
ヤマト(答)
「ヤマト卓球」
42%

ヤマト卓球株式会社(ヤマトたっきゅう)は、日本大手の卓球用品総合メーカー。愛称・ブランド名はTSP(ティーエスピー)とVICTAS(ビクタス)。本社は大阪府大阪市浪速区難波中3-6-3。2016年現在の社長は松下浩二。
引用元:ヤマト卓球 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%8D%93%E7%90%83

松下 浩二(まつした こうじ、1967年8月28日 – )は、日本の元卓球選手。愛知県豊橋市出身。カット主戦型の選手である。グランプリ大阪所属。現在は卓球用品総合メーカー「ヤマト卓球」の社長。妻は同じく卓球選手の武田明子。

日本初のプロ卓球選手[編集]
その後、協和発酵に入社し、1992年のバルセロナオリンピックに出場。1993年の1月に日産自動車へ移籍、同年4月に日本卓球界初のレジスタード・プロプレーヤーとなった(後にレジスタード・プロ制度は廃止され、プロ選手とアマチュア選手の区別は撤廃されている)。プロ選手となった直後の世界選手権イエテボリ大会の代表には選出されなかったが、その年の全日本選手権男子シングルスで初優勝を果たした。1995年にはグランプリへ移籍し、全日本選手権男子シングルスで二度目の優勝を飾る。1996年のアトランタオリンピックでは、男子シングルスでベスト16、男子ダブルスでベスト8の成績を残した。

引退[編集]
2009年(平成21年)1月の全日本選手権を最後に現役を引退した。2010年1月、自ら志願し卓球用品総合メーカー「ヤマト卓球」の社長に就任した[1]。
2012年11月、プロ野球球団の北海道日本ハムファイターズがドラフト1位指名した大谷翔平(花巻東高)と入団交渉した際、提示した資料「夢への道しるべ~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」に、資料作成協力者として、日本ハム球団ホームページ内の資料に名前が記載されている[2]。
引用元:松下浩二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E6%B5%A9%E4%BA%8C

弊社は、1931年にセルロイドのボール製造から始まりました。85年以降、卓球用品の総合メーカーとして歩んでおります。
2011年に新ブランド「VICTAS」を発表し、2013年には、世界に弊社の製品の良さを直に伝えたいという思いで、ドイツと中国に現地法人を立ち上げました。
TSPブランドは、プロ選手から卓球愛好者まで幅広く愛用をして頂いており、VICTASブランドは、明日の勝利へ選手を導く高級ブランドとして、高品質、プロ仕様を目指しております。
弊社は、卓球用品の製造、販売をしている会社ですが、「ものづくりから夢作り」のスローガンを掲げ、卓球選手、卓球愛好者は元より、一般の方々にも卓球の楽しさや面白さを伝え、卓球を通じて、社会貢献に寄与をする会社を目指しております。
ヤマト卓球は、これからもお客様とともに夢のあるものを一緒に作り上げていくことに努めてまいります。

>平成21年12月28日
鈴木英幾代表取締役社長が退任し、相談役に就任
新たに、松下浩二が代表取締役社長に就任
引用元:YAMATO TAKKYU | 会社概要 http://tsp-yamato.com/company/