日立、トヨタ、三菱、新潟


次のバスケットボールチームを
五十嵐圭が所属した順に
選びなさい
日立サンロッカーズ
トヨタ自動車アルバルク
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ
新潟アルビレックスBB
39%

五十嵐 圭(いがらし けい、1980年5月7日 – )は、日本の男子プロバスケットボール選手である。ニックネームは「ケイ」。新潟県上越市出身で、B.LEAGUEの新潟アルビレックスBBに所属。2013年10月1日付で芸能事務所セント・フォースのアスリート部門「ゾーン」と契約[1]。

中央大学在籍時、インターカレッジ(全日本大学バスケットボール選手権大会)で1年生の時に3位、3年生の時に準優勝を経験。2003年、日立サンロッカーズに入団。背番号は7。日本代表にも選出される。2005年7月のキリンカップでは優秀選手に選ばれ、ヘッドコーチのジェリコ・パブリセヴィッチをして「世界レベルのスピード」と言わしめた。2006年にはバスケットボール世界選手権に出場する。2006-2007シーズンから日立のキャプテンを務める。
2009年、トヨタ自動車アルバルクに移籍。背番号は1。
2010年オフ、1シーズン限りでトヨタを退団、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズに移籍した。背番号は自身のラッキーナンバーと明言している7に戻った。
2016年オフ、三菱を退団[2]。地元の新潟アルビレックスBBに移籍[3]。
引用元:五十嵐圭 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%B5%90%E5%9C%AD