「佐藤達也」2013-14最優秀中継ぎ


プロ野球パ・リーグで
2013年と2014年に2年連続
最優秀中継ぎ投手となった
オリックスの投手は?
佐葉達大
平藤佳寿
松子千尋
佐藤達也(答)
45%

佐藤 達也(さとう たつや、1986年7月26日 – )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。

>2013年は開幕一軍入りを果たしたものの、4月24日に腰痛で登録抹消される。その後、復帰すると5月9日のホークス戦にはビハインドの場面で登板し、9回にチームが逆転サヨナラ勝ちしたことでプロ初勝利を記録した。7月には監督推薦で自身初のオールスターゲームに出場。当初は3,4月に登板した13回で12四死球を出すなど制球に不安定な部分もあったが、登板を重ねるごとに安定感を増し、徐々に信頼を勝ち取ることでセットアッパーとして起用されるようになり、8回佐藤、9回平野佳寿の継投が定着した。 最終的に67試合登板し、防御率1.73、WHIP1.12、奪三振率10.15を記録、リーグ最多の42ホールドポイントで最優秀中継ぎ賞のタイトルを獲得するなど前年から一気に飛躍した年となった。
2014年は月間防御率で5度0点台を記録するなど前年よりもさらに安定感をましセットアッパーとして活躍した。67試合で48ホールドポイントをマークし、2年続けて最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。首位ソフトバンクには無失点、3位日本ハムには自責点0と上位を争う対戦でも結果を残した。
引用元:佐藤達也 (野球) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E9%81%94%E4%B9%9F_(%E9%87%8E%E7%90%83)

平野 佳寿(ひらの よしひさ、1984年3月8日 – )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)である。

>2011年は、リーグ最多の72試合に登板し、前年とほぼ同じ投球回数である83.2回を投げて99奪三振を記録。2年連続でオールスターに監督推薦で選ばれた。セットアッパーとして43ホールド・49ホールドポイントをあげて、何れもリーグ新記録を樹立して最優秀中継ぎ投手のタイトル獲得とパ・リーグ特別表彰を受賞した。
引用元:平野佳寿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E4%BD%B3%E5%AF%BF