横山友美佳


高校2年生だった2004年に
全日本代表に初選出されたが
2008年に22歳の若さで亡くなった
女子バレーボール選手は誰?
高橋郁久美
成木絵美菜
横山友里紀
横山友美佳(答)
15%

横山 友美佳(よこやま ゆみか、1987年3月2日 – 2008年4月17日)は、日本の元バレーボール選手。中国・北京市生まれ。山梨県甲府市出身。

>2004年、高校2年生で全日本代表に初選出。アテネオリンピックには出場できなかったが、7月に開催されたワールドグランプリに最年少メンバーとして出場した。同年9月、アジアジュニア選手権準優勝。
その後、2005年3月に発症したがん治療のため、国立がんセンター中央病院へ入院し院内の都立墨東養護学校(現東京都立墨東特別支援学校)いるか分教室へ転校。2006年4月早稲田大学教育学部に入学するも、がん再発のため6ヶ月で自主退学した。
2008年4月17日、横紋筋肉腫のため死去。21歳没。
引用元:横山友美佳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%8F%8B%E7%BE%8E%E4%BD%B3

元バレー女子全日本、21歳がんで早世 故郷の五輪目前
2008年05月17日

 17歳で全日本代表候補入りし、生まれ故郷・北京での五輪出場を夢見たバレーボール少女が、18歳でがんを宣告された。「もう一度コートに立ちたい」とつらい治療に耐えたが、病床でつづった自伝の出版を待たず、先月、21歳でこの世を去った。17日、その北京五輪への世界最終予選が東京で始まった。

 亡くなったのは横山友美佳さん。187センチの長身を生かした攻撃が持ち味だった。
引用元:asahi.com:元バレー女子全日本、21歳がんで早世 故郷の五輪目前 – 出版ニュース – BOOK http://book.asahi.com/news/TKY200805170072.html