オペラハウス


ニホンピロジュピタ
マジェスティバイオ
メイショウサムソン
テイエムオペラオー
オペラハウス(答)
フレンチデピュティ
サンデーサイレンス
トニービン
65%

オペラハウス (Opera House) とはイギリスの競走馬で、引退後は日本で種牡馬となった。キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(キングジョージ)などGIを3勝している。
全弟にKayf Tara(アイリッシュセントレジャーなどGIを4勝)、半妹にZee Zee Top(オペラ賞など:父Zafonic)がいる。名前の由来はロンドンにあるロイヤル・オペラ・ハウス劇場から。
父サドラーズウェルズの血を日本で花開かせた1頭で、テイエムオペラオー、メイショウサムソンなどの活躍馬を出している。
1993年のカルティエ賞最優秀古馬に選出された。

>1994年から日本の日本軽種馬協会で種牡馬入りした。
初年度産駒からマイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったニホンピロジュピタを出した。2年目の産駒であるテイエムオペラオーはG1を7勝し、JRA賞年度代表馬になる大活躍を見せた。その後、産駒成績がやや伸び悩み、2004年と2005年には配合数が30頭を切るほど人気が低迷していたが、2006年にメイショウサムソンがクラシック二冠(皐月賞・東京優駿)を制すると本馬の人気も回復し、2006年には157頭の牝馬と配合された。マジェスティバイオが2011年の中山大障害を優勝し、オペラハウス産駒の通算GI勝利数は14勝となった。なお、本馬は日本に輸入されたサドラーズウェルズ系種牡馬としては唯一GI馬を出している種牡馬である。
引用元:オペラハウス (競走馬) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC)