カール・ヴェンドリンガー、H・H・フレンツェン、ミハエル・シューマッハ


次のうち、1990年頃にスポーツ
カーレース「グループC」の
メルセデスチームで活躍した
レーサーを全て選びなさい
カール・ヴェンドリガー(答)
H・H・フレンツェン(答)
ジャンニ・モルビデリ
ミハエル・シューマッハ(答)
J・J・レート
ヨス・フェルスタッペン
マーティン・ブランドル
ベルトラン・ガショー
ミカ・サロ
3人のようです

グループC(ぐるーぷしー)は、自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つ。それまでのグループ5(シルエットフォーミュラ)およびグループ6(プロトタイプレーシングカー)の後継にあたるカテゴリーである。一般にはスポーツカーレース(ここで言うスポーツカーはプロトタイプレーシングカーを指す)の一種として知られる。
1981年、国際自動車スポーツ連盟(FISA)によって発表され、それまで1から8の数字によって形成されていたレギュレーション(国際スポーツ法典・付則J項)を改正し、1982年からAからE・N・Sという7つのアルファベットへ簡略化されたものの1つである。

>メルセデス・ベンツ[編集]
ザウバー・C9/メルセデス(1989年のル・マン24時間レース優勝)
メルセデス・ベンツ・C11(1990年 WSPCタイトル獲得、ミハエル・シューマッハもドライバーの一人だった)
メルセデス・ベンツ・C291
引用元:グループC – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97C

メルセデス・ベンツ・C11は1990年世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)用にザウバーが製作したグループCカーである。

>ジュニア・チーム[編集]
メルセデスは1990年のWSPCに、1989年のドイツF3で活躍したカール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミハエル・シューマッハの3人の若手ドライバーを起用した。1991年から始まるSWCがF1的なスプリントレースとなることをにらんでの起用である。[3]

3人のドライバーはLearners(仮免ドライバーの意)の頭文字をとってLチームと呼ばれ[4]、「教育係」のヨッヘン・マスとともにWSPCに出場、ヴェンドリンガー、シューマッハが1990年中に優勝を飾るなどした。1991年には国際フォーミュラ3000に専念するためフレンツェンがチームを離れたが、ウェンドリンガー、シューマッハはメルセデスに残り1991年のSWCに出場、最終戦オートポリスでヴェンドリンガー・シューマッハ組がこの年メルセデスにとって唯一の優勝を飾った。メルセデスはそのオートポリスをもってSWCから撤退することになるが、ヴェンドリンガー、シューマッハは1991年シーズン途中にF1に進出、フレンツェンも1994年になってF1にステップアップし、若手ドライバーの育成面からみて大きな成果を残した。
引用元:メルセデス・ベンツ・C11 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BBC11