「ロングヒット」単打以外の安打 第4ヒントで確定


本塁打
三塁打
二塁打
長打
ロングヒット(答)
テキサスヒット
クリーンヒット
サイクルヒット
28%


本塁打
三塁打
二塁打 
単打
サイクルヒット(答)

長打(ちょうだ)とは、単打以外の安打のこと。二塁打、三塁打、及び本塁打の総称で、野球またはソフトボールなどで用いられる便宜的用語である。ロングヒット。英語はextra-base hit。

>長打率 – 長打と名称が酷似するが、意味上の直接的な関係はなく、本項で述べた長打の率を表すものではない。
引用元:長打 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%89%93

長打率(ちょうだりつ、英: Slugging percentage / SLG)は、野球において打者を評価する指標の一つ。

長打率は、打数が記録される打席において打者が打撃によって獲得できる1打数あたりの塁打数の期待値(平均値)を表す指標である。以下の式で求められる。
長打率 = 塁打 ÷ 打数
歩合(割・分・厘など)で表され、上記の式で算出された数値の小数第4位を四捨五入して第3位までの値を長打率として用いる。整数部分の0は省略することが多い。
打率などと異なり百分率ではないので、数値の上限が1を超える。最高値は4.000で、全打数で本塁打を打った場合に記録される。
引用元:長打率 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%89%93%E7%8E%87

サイクル安打(サイクルあんだ)とは、野球・ソフトボールの試合における記録で、1試合で1人の打者が単打、二塁打、三塁打、本塁打のそれぞれを1本以上打った場合に成立する記録である。一巡安打(いちじゅんあんだ)、サイクルヒット (cycle hits) とも呼ぶ。なお、サイクルヒットは和製英語であり、英語では hit for the cycle という。

もともとは、「単打、二塁打、三塁打、本塁打の順で安打を打つこと」がサイクル安打と呼ばれていた。現在ではその順で記録したものは「ナチュラル・サイクルヒット」、逆に本塁打から順に記録したものは「リバースサイクルヒット」[1][2]と呼ばれ、順番無関係で成立した単なるサイクル安打とは区別されている。
日本プロ野球界では、1948年10月2日に藤村富美男が最初に達成したが、これは後日認定されたものである。当時の日本で「サイクル安打」の概念はなく、17年後の1965年7月16日にダリル・スペンサーがサイクル安打を達成した際、スペンサーが自ら記者に「なぜ自分に質問をしてこないのか。これはサイクル安打といって、とんでもない記録なんだ」と言ったのがきっかけで遡って記録が調べられ、藤村が日本での最初の達成者であることが判明した。また、藤村は1950年に2度目を記録しており、複数回のサイクル安打を記録した最初の選手にもなっている(その後、松永浩美、ロバート・ローズ、福留孝介も記録)。
引用元:サイクル安打 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E5%AE%89%E6%89%93