「ベッチーニョ」平塚の闘将


ベルマーレ、フロンターレで
活躍したブラジル人選手です
ベッチーニョ(答)
“Betinho”
Gilberto Carlos Nascimento
62%

ベッチーニョ(Betinho)ことジウベルト・カルロス・ナシメント(Gilberto Carlos Nascimento、1966年6月14日 – )は、ブラジル・サンパウロ出身の元サッカー選手。愛称はベット。また、「平塚の闘将」とも言われる。

>ブラジル代表に選出された経歴を持ち、1993年に当時ジャパンフットボールリーグにあったフジタ(後にベルマーレ平塚、現湘南ベルマーレ)でプレーし、Jリーグ昇格に貢献した。1995年の元日に天皇杯を制し、その年のアジアカップウィナーズカップでも優勝に導いた。ベルマーレの助っ人史上最高のプレーヤーと言われている。
フジタ加入時は線が細い選手であったが、ヘッドコーチであったニカノールの指導の下、体も強くなり、かつ鋭いドリブル、高い決定力を誇った。利き足は右であるが、1995年のゼロックススーパーカップでは左足での鋭いミドルシュートを決めている。フリーキックはアウミールと岩本輝雄が争って蹴る状態であったために、あまり蹴ってはいなかったが、アウミール退団後は数度蹴るようになり、ゴールも決めている。PKの名手でもあり、ベッチーニョ出場停止時に野口幸司が蹴って外し、次はアウミールが蹴って外すという珍しいシーンがあり(1994年ジェフユナイテッド市原戦)、ベッチーニョは当時のベルマーレにはプレーのみならず、精神的にも不可欠な選手であった。
引用元:ジウベルト・カルロス・ナシメント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88