「ネリョチャギ」テコンドーの蹴技


空手の「かかと落とし」に当たる
テコンドーの技を何という?
ネリョチャギ(答)
46%


五輪のテコンドーの体重区分は
男子・女子ともに◯階級?
◯を答えなさい
4(答)


テコンドーの元になったともいわれる朝鮮半島の伝統武術
テッキョン(答)

スロット
2000年のシドニー五輪テコンドー女子67kg級で銅メダルを獲得した日本の選手は誰?
岡本依子(答)
おかもとよりこ

蹴り技(けりわざ)とは、格闘技、武道、武術において、様々な方向へ脚を繰り出すことにより、攻撃・防禦を行う技術の総称である。「キック」、「足技」、「蹴撃技」とも。

>かかと落とし
瞬時に片足を頭上に上げると同時に、脳天もしくは肩に打ち下ろす。柔軟さはもちろん、技術も必要となる。 空手の選手が得意とする場合が多く、アンディ・フグが得意とした。テコンドーにも空手から伝わったネリチャギの名称で良く知られる(韓国語の発音は「ネリョチャギ」に近い)かかと落としが存在する。
引用元:蹴り技 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B9%B4%E3%82%8A%E6%8A%80

テッキョンは朝鮮半島の武芸・民間遊戯。プムバルキ(품밟기)という独特のステップを踏み、足払い・蹴り・投げ技を繰り出す。韓国の文化財庁によれば、相手を倒すためのものではなく、精神修養のもので、格闘技とは異なるとしている[1]。韓国では1983年に重要無形文化財第76号に指定されている。2011年ユネスコ無形文化遺産に登録され、現在では韓国伝統テッキョン協会を中心に50人余りの公式履修者がテッキョンを守っているという[2]。
引用元:テッキョン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%83%B3