「酒井圭一」


1976年の夏の甲子園で活躍し
ヤクルトに入団した長崎県海星
高校の投手で、「サッシー」の
愛称で呼ばれたのは?
谷木圭一
酒井申平
中本佳也
酒井圭一(答)
53%

酒井 圭一(さかい けいいち、1958年6月1日 – )は、長崎県壱岐市出身の元プロ野球選手(投手)、スカウト。現役時代の愛称は「サッシー」[1]。これは当時話題となった未確認動物「ネッシー」にちなむ、怪物を意味するものだった[1]。

>超高校級の評価を受け、1年目から先発で起用されるが結果を残せず低迷。3年目のオープン戦では打球が顔面に直撃し左頬陥没骨折の大怪我を負う。1980年には4勝4セーブを記録するが、その後は中継ぎとして起用され、1984年に自己最多の42試合に登板。しかし度重なる故障に悩まされ続け、1990年に野村監督に促され現役引退。
引退後もヤクルトに所属し、まずは打撃投手をつとめ、2014年現在はヤクルトのスカウトを務めている[2]。
引用元:酒井圭一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%9C%AD%E4%B8%80