F1イギリスGP「観客がコースに乱入」「ホンダが1~4位独占」


1962からジム・クラークが4連勝
2003年には観客がコースに乱入
1992年はマンセルが完全制覇
1987年にホンダが1~4位を独占
エフワン・イタリアGP
エフワン・フランスGP
エフワン・イギリスGP(答)
エフワン・モナコGP
32%


1994年にエフワン世界王者
アイルトン・セナが事故死
したレースは◯◯◯◯◯GP?
◯を答えなさい
サンマリノ(答)


1962年からジム・クラークが4連勝
1982年にビルヌーブが事故死
1991年にシューマッハがデビュー
1992年にシューマッハが初優勝
エフワン・ベルギーGP(答)

連想
1970年に事故死したリントが王座
1988年にマクラーレンが唯一敗北
2006年にシューマッハが引退表明
2008年にベッテルが最年少優勝
エフワン・イタリアGP(答)

連想
1982年にピケが重量不足で失格
2003年にフィジケラが初優勝
1991年にセナが6速のみで優勝
2007年は中嶋一貴がデビュー
エフワン・ブラジルGP(答)

連想
1990年はブーツェンが優勝
1997年にヒルがアロウズで2位 
2003年にアロンソが初優勝 
2006年にホンダが39年ぶりに優勝
エフワン・ハンガリーGP(答)

連想
1991年にマンセルが最終周で自滅
1995年にアレジが生涯唯一の優勝 
2008年にBMWのクビサが初優勝
2007年にスーパーアグリが6位
エフワン・カナダGP(答)

連想
1995年にハッキネンが大事故
1993年にセナが生涯最後の優勝 
1986年にプロストが逆転王者に
1989年に「雨のナカジマ」が4位
エフワン・オーストラリアGP(答)

連想
1967年にパンティーニが事故死
1996年にパニスが生涯唯一の優勝
1984年セナの初優勝が幻に終わる
1992年セナとマンセルの一騎打ち
エフワン・モナコGP(答)

連想
1985年にマンセルが初優勝
1999年にハーバートが優勝
2004年に佐藤琢磨が予選2位
2010年に小林可夢偉が7位入賞
エフワン・ヨーロッパGP(答)

イギリスグランプリ(イギリスGP, British Grand Prix)は、イギリスで行われるモータースポーツのレース。現在はF1のイベントとして開催されている。
1950年、F1世界選手権が初めて開催された際の第1戦がこのイギリスGPであり、F1の中ではもっとも伝統のあるレースのひとつである。
イギリス国内で行われた、イギリスGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。

>1987年 – ホンダエンジンを使用するウィリアムズとロータスが1位から4位までを独占した。優勝したのはウィリアムズのナイジェル・マンセル、2位は同じくウィリアムズのネルソン・ピケ、3位はロータスのアイルトン・セナ、4位がロータスの中嶋悟であった。

>1992年 – 圧倒的な戦闘力を誇るウィリアムズ・ルノーを駆り、ドライバーズランキングで首位を独走していたナイジェル・マンセルの凱旋レースというにふさわしかった。金曜日のフリー走行からの全てのセッションでマンセルがトップタイムを記録した。決勝レースでは全周回で首位を譲らず、2位のリカルド・パトレーゼに約40秒の差をつけて優勝し、ファステスト・ラップも記録した。

>2003年 – 決勝レース中、アイルランド出身の聖職者ニール・ホランが宗教的なメッセージが書かれたプラカードを掲げてコースに乱入。逮捕され禁固2か月の有罪判決を受けた。
引用元:イギリスグランプリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA