「全日本女子プロレス」松永家の同族経営 クラッシュギャルズ・極悪同盟


日本に存在した女子プロレス団体
松永ファミリーによる家族経営
長与千種、ダンプ松本らを輩出
2005年に活動休止
全日本女子プロレス(答)
ダリアンガールズ
GAEA JAPAN
AtoZ
51%


日本に存在した女子プロレス団体
秋元康がアドバイザーを務める 
キューティー鈴木らを輩出
1992年、JWPとLLPWに分裂
ジャパン女子プロレス(答)

連想
日本に存在した女子プロレス団体
長与千種らが中心となって旗揚げ
広田さくら、里村明衣子らを輩出
2005年に解散
GAEA JAPAN(答)

連想
日本に存在した女子プロレス団体
ホリプロの企画により誕生
歌って、踊って、プロレス
中国から選手をスカウト
ダリアンガールズ(答)

連想
日本に存在した女子プロレス団体
美人レスラーを集めて結成
選手にライセンスナンバーを発行
後に「AtoZ」と改称
アルシオン(答)

全日本女子プロレス(ぜんにほんじょしプロレス)は、かつて存在した日本の女子プロレス団体。正式名称は全日本女子プロレス興業株式会社(ぜんにほんじょしプロレスこうぎょうかぶしきがいしゃ)。
>経営陣との対立から日本女子プロレスを退社した松永高司と松永と共に退団した元所属選手達が設立。初代会長には大日本一誠会会長の万年東一が就任。設立当初は暴力団と関係があるとする中傷がなされて興行のための施設借用に困難をきたした。このため興行は野外リングを設営し旅回りをすることが多くストリップ劇場で興行を開催することもあった[1]。この時に全日本女子を支援して、その身元を保証したのがデイリースポーツ。以降、1990年代まで全日本女子の主だった興行には「後援・デイリースポーツ」のクレジットがなされてフジテレビによる試合中継にもデイリースポーツ記者が解説者として派遣された。

>昭和55年(1980年)[編集]
長与千種
ライオネス飛鳥とタッグチーム「クラッシュ・ギャルズ」を結成して活動していた。1989年に引退。1993年にJWP女子プロレスでフリーとして復帰。1995年にGAEA JAPANを設立して旗揚げ戦で復帰。2005年に引退。2014年にMarvelousを設立。
ライオネス飛鳥(北村智子)
長与千種とタッグチーム「クラッシュ・ギャルズ」を結成して活動していた。1989年に引退。1994年に全日本女子で開催した「憧夢超女大戦」で復帰。2005年に引退。
ダンプ松本(松本香)
1988年に引退。2003年に全日本女子で復帰。
引用元:ダンプ松本 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%97%E6%9D%BE%E6%9C%AC

ジャパン女子プロレス(ジャパンじょしプロレス)は、日本の女子プロレス団体。
>日本女子プロレスが国際プロレスに吸収されて以来、女子プロレス団体は全日本女子プロレスしかなかったがジャパン女子は全日本女子のクラッシュ・ギャルズの人気を引き金とする女子プロレスブームを背景に「プロレス版おニャン子クラブ」を当初のコンセプトとして設立。そのため旗揚げ戦には芸能事務所「ボンド企画」が関わり、おニャン子クラブをプロデュースした秋元康がアドバイサーとして関与していた。コーチとして男子プロレス界から山本小鉄を招聘して、その関係もあり新日本プロレスで提供試合をしたこともあった。道場は東京都八王子市に置かれていた[1]。

>解散後はジャパン企画プロモーションの子会社「JWPプロジェクト」を受け皿とする新たな女子プロレス団体が後を引き継ぐ計画が立ち上がったが選手会が分裂して鈴木、尾崎、ダイナマイト関西、プラム麻里子、福岡晶、斎藤澄子、ボリショイ・キッド(現:コマンド・ボリショイ)はJWP女子プロレスとして前述の後継団体に参加。ハーレー斉藤、大沢ゆかり(現:ジェンヌゆかり)、斉藤緑(現:キャロル美鳥)、二上美紀子(現:GAMI)、遠藤美月は半田グループや風間、神取と合流してLLPW(現:LLPW-X)を設立。また最終興行の時点で引退を表明していたデビル雅美、イーグル沢井、は程なく引退を撤回して、それぞれJWPとLLPWに加わっている。
引用元:ジャパン女子プロレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9

GAEA JAPAN(ガイア・ジャパン)は、日本の女子プロレス団体。

>クラッシュ・ギャルズで一世を風靡した長与千種が設立。ショー要素のないアスリート志向が強く他団体が推進していたアイドル路線は敷かず特に女性ファンの支持の強い団体だった。解散時の運営はガイア(現在は芸能事務所)のスポーツプロモーション部。GAEAが解散しているが現在もデータベースと試合結果など記載された公式サイトが運営されている。

>1995年4月15日、後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。代表に杉山由果、統括に木村一廊(後に代表)が就任して選手代表の長与千種とのトロイカ体制で発進。旗揚げ当時は長与、KAORU(元全日本女子プロレス)、ボンバー光(元ジャパン女子プロレス)の3人しか選手経験がなく他は約1年掛けて育てた新人選手しかいなかった。しかし新人選手しかいないという状況を逆手に取り寮での合宿で徹底的にプロレスを教え込んだ上でデビューさせて新人選手らしからぬ試合展開に「脅威の新人」と呼ばれた(ただし、そのためにそれ以降の新人選手の印象が一部を除き薄くなってしまったという弊害も作ってしまった)。当時、女子プロレス興行は各女子プロレス団体年間100大会以上だったがGAEAは試合数を月5大会程度に絞り地方も含めすべてプロモータに売らず自主興行で賄った。
1996年、長与の元付き人だった北斗晶が電撃入団して業界を驚かせた。1997年、全日本女子から山田敏代も移籍。1998年、クラッシュ・ギャルズの盟友のライオネス飛鳥がフリーとして参戦。1999年、飛鳥対長与の「クラッシュ対決」が10年ぶりに実現。2000年5月14日、旗揚げ5周年記念大会で新生クラッシュ・ギャルズ(正式名はクラッシュ2000)がスタート。
引用元:GAEA JAPAN – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/GAEA_JAPAN

ダリアンガールズは、日本の女子プロレス団体。または、その団体を扱ったフジテレビの深夜番組のタイトル。キャッチフレーズは「歌って、踊って、プロレス」。

2002年、ホリプロの主体で企画されて中国の遼寧省大連市でオーディションを行い約550名の応募者の中から16歳から21歳の女子15名を選出して歌、ダンス、プロレスを行うスポーツエンターテイナーに育て上げることを目的としてコーチに全日本女子プロレスを離脱しフリーになっていた伊藤薫を招いて女子15名を指導。
2003年9月29日、品川プリンスホテルで旗揚げ公演を開催[1]。ユニット名の由来は大連の現地読みである「ダリアン」と英語で少女たちを意味する「ガールズ」を掛けた「大連の少女たち」から来ているが実際の現地読み(中国語共通語)だとダーリャン(Dàlián)が近い。
引用元:ダリアンガールズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

アルシオンは、日本の女子プロレス団体。

>元全日本女子プロレス企画広報部長の小川宏(現:ロッシー小川)が全日本女子の経営難による方針の不満から退社した後に設立。所属選手として小川と同じ理由で全日本女子を退団したアジャ・コング、吉田万里子、玉田りえ(現:玉田凛映)、府川由美(現:府川唯未)、レジー・ベネットが入団。さらにLLPW(現:LLPW-X)から二上美紀子(現:GAMI)、大向美智子を引き抜いて引退していた元JWP女子プロレスのキャンディー奥津をスカウト(アジャに関しては所属選手ではなくファイティングプロデューサーの肩書きで専属フリー契約)。また広報として元全日本女子の長谷川咲恵が参加している。

>2003年6月22日、後楽園ホール大会を最後に活動停止。6月24日、フリーの堀田祐美子が率いるユニット「Z-SPIRITS」がアルシオンを吸収合併してメジャー女子プロレスAtoZを設立。
引用元:アルシオン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%B3