「テリー・ソーチャック」レッドウィングス等でゴーリー 喧嘩が原因で死去


カナダのアイスホッケー選手
レッドウィングスなどで活躍
ポジションはGK
喧嘩が原因で41歳で死去
パトリック・ロワ
テリー・ソーチャック(答)
マーク・メシエ
ブレット・ハル
33%


アバランチの永久欠番33
カナディアンズの永久欠番33
ポジションはGK
ゴールに話しかける奇行で有名
パトリック・ロワ(答)

連想
バタフライを使わないスタイル
デビルス一筋でプレー
ポジションはGK
GKのシーズン最多勝利記録
マルタン・ブロデューワ(答)

連想
引退後は作家・政治家に転身
カナダのアイスホッケー選手
ポジションはGK
カナディアンズの永久欠番29
ケン・ドライデン(答)

連想
10度のスタンレー・カップ優勝
カナダのアイスホッケー選手
カナディアンズで活躍
コン・スマイス賞初代受賞者
ジャン・ベリヴォー(答)

テリー・ソーチャック(Terrance Gordon Sawchuk、1929年12月28日 – 1970年5月31日)はカナダマニトバ州ウィニペグ生まれのプロ・アイスホッケー選手である。NHLではデトロイト・レッドウィングスを皮切りに数チームでゴーリーとしてプレイした。ソーチャックは多くの者から史上最高のゴーリーの一人と認められ、数多くの受賞歴、記録を持つ一方で、残されたエピソードには不幸なものが多く、その人生は悲劇的な色彩を帯びている。41歳で早世したその翌年ホッケーの殿堂のメンバーとなった。

>1967-1968シーズンはロサンゼルス・キングス、1968-1969シーズンは古巣レッドウィングスを転々とし、現役、そして生涯最後のシーズンはニューヨーク・レンジャースに加入する。
ソーチャックはどうしようもない鬱に悩まされることがあり、そのような状態はしばしば彼の振る舞いに影響を与えたとされる。ニューヨークの自宅近くのバーで、レンジャーズのチームメート、ロン・スチュワート (Ron Stewart) と酒を飲んで格闘し、内臓(胆嚢であったといわれる。)を痛めたことが原因となって、数週間後の5月10日に息を引き取った。ソーチャックは、ミシガン州ポンティアックのマウント・ホープ墓地に埋葬された。スチュワートに関しては、事故に対する責任は不問にされた。
ソーチャックは、971試合に出場し30年余りリーグ記録として輝いた生涯447勝を経験したほか、103回のシャットアウトゲームは2005年時点で未だに破られていない。
その死の翌年の1971年には、ソーチャックは通常の待機期間を待たずしてホッケーの殿堂入りし、また米国のホッケー界への貢献により、レスター・パトリック賞を受賞した。1997年には、スポーツ作家のブライアン・ケンドール (Brian Kendall) の筆によって『Shutout:The Legend of Terry Sawchuk』が出版された。2001年には、ソーチャックの肖像は、カナダの郵便切手の図案として採用された。
引用元:テリー・ソーチャック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF