きたがわともき「北川智規」小野澤宏時に続きトップリーグ100トライ達成



ラグビー・トップリーグで史上
2人目の通算100トライを達成
北川智規
きたがわともき(答)

北川 智規(きたがわ ともき、1983年7月25日 – )は、トップリーグ・パナソニックワイルドナイツ所属のラグビー選手。

>2002年、東山高校卒業後、関東学院大学に進学。1年次より公式戦に出場。2年次にレギュラーとなり大学選手権優勝に貢献。
2006年、関東学院大学卒業後、三洋電機ワイルドナイツ(現・パナソニックワイルドナイツ)に入団[3]。1年目から活躍しトップリーグでは3年連続でトライ王を獲得した。
2010年、アジア大会の7人制日本代表に選ばれ[4]、金メダル獲得に貢献。
2014年9月にトップリーグ通算100試合出場を達成した[5]。
引用元:北川智規 (ラグビー選手) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B7%9D%E6%99%BA%E8%A6%8F_(%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B)

北川 智規選手(パナソニック)、「リーグ戦通算100トライ」達成

12月4日に開催されたジャパンラグビー トップリーグ2016-2017第10節 パナソニック ワイルドナイツ vs クボタスピアーズ(群馬県:太田市運動公園陸上競技場/13:00 キックオフ)において、北川 智規選手(パナソニック ワイルドナイツ)が、ジャパンラグビー トップリーグ 2人目となるリーグ戦通算100トライを達成しました。
引用元:北川 智規選手(パナソニック)、「リーグ戦通算100トライ」達成|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト http://www.top-league.jp/2016/12/04/kitagawa-100try/

小野澤 宏時(おのざわ ひろとき:Hirotoki ONOZAWA、1978年3月29日 – )は、日本のラグビー選手。トップリーグのキヤノンイーグルスに所属。
2000年の社会人デビューから長きに渡って、日本を代表するウィングとして活躍している。
2014年、日本代表 スポットコーチ(チームメンター)に就任。
日本代表通算:81キャップ(日本歴代2位)、55トライ(世界歴代4位)【2014年現在】
切れのある動きで相手を交わし続ける「うなぎステップ」が武器である。海外メディアからはゴムのような柔らかいステップから「ラバーマン」と銘々された。
引用元:小野澤宏時 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E6%BE%A4%E5%AE%8F%E6%99%82

小野澤選手(サントリー)、「リーグ戦通算100トライ」達成

小野澤 宏時選手(サントリーサンゴリアス)
リーグ戦通算 100トライ 達成
– トップリーグ史上初の記録達成 –
10月27日に開催された、ジャパンラグビー トップリーグ2012-2013第8節 福岡サニックスブルース vs サントリーサンゴリアス戦 (福岡県:レベルファイブスタジアム/14:00キックオフ)において、小野澤 宏時選手(サントリーサンゴリアス)が、ジャパンラグビー トップリーグ史上初となるリーグ戦通算100トライを達成しました。
引用元:小野澤選手(サントリー)、「リーグ戦通算100トライ」達成|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト http://www.top-league.jp/2012/10/28/id16472/