「ゴールテンディング」落下中のショットボールに触れる反則


バスケットボールで、シュート
されたボールが落ちてくる途中に
リングより高い位置で
触れてしまう反則を何という?
ルーィテンングデゴ
ゴールテンディング(答)
goaltending
34%

バスケットボールにおけるショットとは、自チームが得点するためにバスケットの上からボールを通すことあるいはそのための動作、ないしボールがバスケットへ至るまでの一連の流れのこと。シュートは通称であり、ルール(日本バスケットボール競技規則)上ではすべてショットと称される。シュートはショットを放つと言う意味の動詞として用い、ショットを放つプレーヤーをシューター、ショットを放つ役割のガードはシューティングガード、ショットを放つ動作をシューティングモーション、ショットを様々な場所から反復練習するのをシュート・アラウンド(アウト)、のように用いるのは正しい用法である。

>ゴールテンディング[編集]
ショットされたボールがバスケットよりも高い位置にあり、なおかつ落下している時にオフェンス側の選手がボールに触れた場合には、ボールがバスケットに入っても得点はカウントされない。またディフェンス側の選手が触れた場合には、ショットされたボールがバスケットに入らなくても得点が認められる(ヴァイオレイション)。このルールをゴールテンディングと言う。身長の高い選手があまりに有利にならないように導入された。
引用元:ショット (バスケットボール) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_(%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB)

バスケットインターフェア - ゴールテンディング
プレーヤーは次のことをしてはならない
ボールがバスケットリングを使って転がったり、乗っている時に触れる。
バスケットリングより上の仮想円柱上にあるボールに触る。
フィールドゴールを狙ったボールがリングより上でバックボードに触れ落ちてきたところを触れる。
フィールドゴールを狙ったボールがリングより下でバックボードに触れ上がってきたところを触れる。
バスケットリングを通過してきたボールに触れる。
フィールドゴールを狙ったボールがリングより上で下降しているところを触れる
ボールがリングに触れたり転がっているとき、リングを傾けたり、リング、ネット、バックボードに振動を与えボールに不自然な動きをさせる。
ボールがネットに通過してきたとき、リング、ネット、ボールに触れる
バックボード面と手で放たれたボールをトラップする。(ボールをボードにぶつけるのはトラップではない)
ペナルティ
ディフェンス側が起こした場合は、通常のフィールドゴール成功と同じ扱い。
オフェンス側が起こした場合は、ゴールしても得点にはならず、フリースローライン延長上のサイドラインから相手チームのスローイン。
両チーム同時の場合、センターサークルでジャンプボール。
引用元:ヴァイオレイション – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3#.E3.82.B4.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.83.86.E3.83.B3.E3.83.87.E3.82.A3.E3.83.B3.E3.82.B0