「ナリタトップロード」母はフローラルマジックの菊花賞馬 渡辺薫彦騎手


母はフローラルマジック
父はサッカーボーイ
1999年の菊花賞を制覇
渡辺薫彦(くにひこ)騎手との名コンビ
マンハッタンカフェ
テイエムオペラオー
ナリタトップロード(答)
アドマイヤベガ
66%


生涯成績は26戦14勝
獲得賞金は18億3518万9000円  
2000年の年度代表馬 
獲得賞金世界第1位
テイエムオペラオー(答)

ナリタトップロード (Narita Top Road) は、日本の競走馬・種牡馬。競走成績は中央競馬30戦8勝で菊花賞などに優勝した。
※年齢はすべて現表記にて記載

品種 サラブレッド
性別 牡
毛色 栗毛
生誕 1996年4月4日
死没 2005年11月7日(9歳没)
父 サッカーボーイ
母 フローラルマジック

主戦騎手
主戦騎手の渡辺薫彦に初重賞制覇と初GI制覇をもたらしたのがナリタトップロードであり、まさに愛馬であった。特に、きさらぎ賞は、主戦騎手の渡辺にとって初の重賞勝利を収めた舞台となったことから、調教師の沖は後に、ナリタトップロードのレースの中で最も印象に残ったレースだったと言っている。また、2005年11月7日にナリタトップロードの訃報があった直後、ベストアルバムに騎乗したエリザベス女王杯での本馬場入場の紹介の際に「ベストアルバム…亡き友に健闘を誓う渡辺薫彦です。」という紹介があり、ラジオNIKKEIの競馬ニュースにも「この馬はかけがえのない存在であったので、大変ショックを受けています。今後は彼(ナリタトップロード)の分も、騎手として頑張っていかねばと思っています。」とコメントを残している。
引用元:ナリタトップロード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

渡辺 薫彦(わたなべ くにひこ、1975年4月5日 – )は日本中央競馬会 (JRA) 所属の調教師、元騎手・調教助手である。戸籍上での表記は渡邊である。
妻は関西テレビ『ドリーム競馬』の司会を務めていた水野麗奈[1][2]。栗東トレーニングセンター内にある駿風寮の寮長である[3]。

ナリタトップロード[編集]
渡辺を語るうえで最も大きな存在がナリタトップロードである。1999年のきさらぎ賞で単勝2番人気の同馬に騎乗し勝利。これが重賞初制覇となった。この年のクラシックにナリタトップロードとともに参戦するが、皐月賞3着、東京優駿2着と、あと一歩のところで届かず、東京優駿のレース後には悔し涙を流した。そして、秋の菊花賞でGI初制覇を成し遂げた。これが渡辺の唯一のGI勝利である。なお、ナリタトップロードの全8勝中7勝は渡辺騎乗によるものである。
引用元:渡辺薫彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E8%96%AB%E5%BD%A6