青鹿毛「フジキセキ」「メジロラモーヌ」


フジキセキ
エリモシック
マンハッタンカフェ
メジロラモーヌ
黒鹿毛
栃栗毛
青毛
青鹿毛(答)
52%


テンポイント
サイレンススズカ
テイエムオペラオー
ダイワスカーレット
栗毛(答)

連想
オグリキャップ
メジロマックイーン
ビワハヤヒデ
タマモクロス
芦毛(答)

連想
テスコガビー
シーザリオ
ブラックタキシード
ローズバド
青毛(答)

連想
ライスシャワー
スペシャルウィーク
ウイニングチケット
ナリタブライアン
黒鹿毛(答)

連想
カツトップエース
サクラローレル
マーベラスサンデー
サッカーボーイ
栃栗毛(答)

青鹿毛(あおかげ、英: Brown/Seal brown[1]、羅: Umbrinus[2]、中: 棕色)は、馬の毛色のひとつ。全身殆ど黒色で、眼や鼻など部分的に褐色が認められる毛色のことである。黒鹿毛や青毛との区別は比較的難しく、これらを区別しない言語も多い。

>多量のエウメラニンによる毛色である。エウメラニンの量は青毛より少なく、ごく少量のフェオメラニンを含んでいる。ほぼ黒色に見えるが、青毛と比較すると若干明るく、目の周辺、鼻、腋、膁が部分的に褐色を帯びる。黒味の強い黒鹿毛との区別はかなり難しい。
引用元:青鹿毛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E9%B9%BF%E6%AF%9B

フジキセキは日本の競走馬、種牡馬である。1994年の朝日杯3歳ステークスに優勝し、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬[注 1]に選出。翌1995年の4歳クラシック戦線における最有力馬と目されたが、その初戦・皐月賞を前に屈腱炎を発症して引退した。その後種牡馬となり、GI級競走7勝のカネヒキリをはじめとして11頭のGI級競走優勝馬を輩出している。産駒の通算JRA勝利数は内国産種牡馬の歴代トップである。

品種 サラブレッド
性別 牡
毛色 青鹿毛
生誕 1992年4月15日
死没 2015年12月28日(23歳没)
父 サンデーサイレンス
母 ミルレーサー
母の父 Le Fabuleux 
引用元:フジキセキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%82%AD

エリモシックとは日本の元競走馬・繁殖馬。馬名の由来は冠名に「気品・上品」を表す「chic」。(1996年優駿牝馬レースプログラム)

品種 サラブレッド
性別 牝
毛色 青鹿毛
生誕 1993年3月19日
死没 2014年8月6日
登録日 1995年12月21日
抹消日 1998年4月12日
父 ダンシングブレーヴ
母 エリモシューテング
引用元:エリモシック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF

マンハッタンカフェは日本の競走馬。2001年の菊花賞と有馬記念、2002年の天皇賞(春)に勝利した。主戦騎手は蛯名正義。

品種 サラブレッド
性別 牡
毛色 青鹿毛
生誕 1998年3月5日
死没 2015年8月13日(17歳没)
父 サンデーサイレンス
母 サトルチェンジ
母の父 Law Society
引用元:マンハッタンカフェ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7

メジロラモーヌは日本の競走馬。1986年に桜花賞、優駿牝馬(オークス)、エリザベス女王杯を制し、中央競馬史上初の牝馬三冠を達成した。1985年度優駿賞最優秀3歳牝馬、1986年度同最優秀4歳牝馬。1987年顕彰馬に選出された。半弟に1989年高松宮杯の勝利馬メジロアルダン(父アスワン)がいる。
※競走馬時代の馬齢は2000年以前に使用された旧表記(数え年)で記述する。

品種 サラブレッド
性別 牝
毛色 青鹿毛
生誕 1983年4月9日
死没 2005年9月22日(22歳没)
父 モガミ
母 メジロヒリュウ
母の父 ネヴァービート
引用元:メジロラモーヌ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8C