ティモシー・ブラッドリー「デザート・ストーム」ミッケル・ケスラー「バイキング・ウォリアー」ギジェルモ・リゴンドー「キューバのジャッカル」


次のプロボクサーと
ニックネームの
正しい組み合わせを選びなさい
ティモシー・ブラッドリー───デザート・ストーム
ミッケル・ケスラー───バイキング・ウォリアー
ギジェルモ・リゴンドー───キューバのジャッカル
41%

ティモシー・ブラッドリー(Timothy Bradley、男性、1983年8月29日 – )は、アメリカ合衆国のプロボクサー。カリフォルニア州キャシードラル・シティ出身。第29代・第31代WBC世界スーパーライト級王者。第16代WBO世界スーパーライト級王者。第15代・第18代WBO世界ウェルター級王者。トレーナーはテディ・アトラス。 ヴィーガン (菜食主義)による減量を行なっていたが[1]、パッキャオ戦の初戦と第2戦で共に足を負傷したことを考慮し、現在は肉を食べるようになった[2]。ブラッドリーはボクサーの50~60%が禁止ドーピング薬物を使用していると推定しており[3]、ドーピング行為の一掃を目指しオリンピック水準のドーピング検査を自主的に受けている。

>本名 ティモシー・レイ・ブラッドリー・ジュニア
通称 Desert Storm(砂嵐)
階級 ウェルター級
引用元:ティモシー・ブラッドリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC

ミッケル・ケスラー(Mikkel Kessler、男性、1979年3月1日 – )は、デンマークのプロボクサー。コペンハーゲン出身。元WBA・WBC世界スーパーミドル級スーパー王者。

>ファイトスタイル[編集]
彼のファイトスタイルは、しばしば「ボクシングの教科書」と評される。実際にその通りのファイトを展開し、水準以上のスピードを活かして自分の距離を守り、しっかりとした高い防御技術で相手の攻撃を遮断しつつ、素晴らしく美しいジャブとコンパクトかつ端正なワンツーで対戦相手を痛めつけるシンプルかつ手堅い試合をする。また、彼は非常にゆったりとしたペースで闘い、それでありながら相手にペースを奪われることがほとんどないところに彼の異能ぶりが現れている。
北欧のデンマーク出身であることからついた「Viking Warrior(ヴァイキングの戦士)」という物々しい異名とド派手なタトゥーとは裏腹に、実にオーソドックスで美しいファイトスタイルである。活動拠点がデンマーク中心であるため、無敗の快進撃を続けながらもアメリカでの認知度は高くなかったが、ジョー・カルザゲとのWBA・WBC・WBO世界スーパーミドル級王座統一戦で広く名を売ることになった。ボクシングスタイルと同じくルックスも端正であり、故郷デンマークではモデルとしても活動している。
引用元:ミッケル・ケスラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC

ギレルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux、男性、1980年9月30日 – )は、キューバのプロボクサー。現WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者。第18代WBO世界スーパーバンタム級王者。カリブ・プロモーションズとロック・ネイション・スポーツの所属。ギジェルモ・リゴンドーと表記されることもある。シャープな右ジャブ、精密機器のような正確無比な左ストレートと瞬間移動のようなステップワークが武器だが、不意に貰ったパンチでダウンや大きくふらつく事があるなど打たれ脆い面も合わせもつ。

>本名 ギレルモ・リゴンドウ・オルティス
通称 El Chacal(ジャッカル)
The jackal
Rigo
階級 スーパーバンタム級
引用元:ギレルモ・リゴンドウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6