「ウィンブルドン」47歳最年長勝利 マルチナ・ナブラチロワ


2004年にテニス選手のマルチナ・
ナブラチロワが、4大大会の女子
シングルス史上最年長となる47歳
での勝利を記録した大会は?
ウィンブルドン(答)
全仏オープン
全豪オープン
全米オープン
32%

マルチナ・ナブラチロワ(Martina Navrátilová チェコ語発音: [ˈmartɪna ˈnavraːcɪlovaː], 1956年10月18日 – )は、チェコスロバキア(当時、現在チェコ共和国)プラハ出身の女子プロテニス選手。ウィンブルドン選手権の大会史上最多優勝記録(9勝)、WTAツアーの最多優勝記録(シングルス167勝、ダブルス177勝)など、数々の歴史的な記録を樹立した名選手である。4大大会シングルス通算「18勝」はライバルのクリス・エバートと並ぶ女子歴代4位タイ記録。左利きの選手で、ネット・プレーを最も得意にしている。
1975年に祖国を離れてアメリカに亡命し、1981年に米国市民権を取得したが、2008年1月9日にチェコ国籍を再取得、現在は二重国籍である[1]。
2010年4月7日、雑誌「People」で乳がんであることを告白した[2]。
引用元:マルチナ・ナブラチロワ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%AF

<テニス:ウィンブルドン選手権>◇初日◇20日◇ロンドン、オールイングランドクラブ◇男女シングルス1回戦

 40歳の世界ランク57位クルム伊達公子(エステティックTBC)が、ウィンブルドン史上2番目の年長勝利を挙げた。1回戦で推薦出場の同215位ケイティ・オブライエン(25)に6-0、7-5のストレート勝ち。1996年準々決勝以来15年ぶりの同大会勝利で、68年オープン化(プロ解禁)以降では04年マルチナ・ナブラチロワ(米国)の47歳に次ぐ年長勝利となった。日本女子では大会最年長勝利。2回戦で5度の優勝を誇るV・ウィリアムズ(米国)と対戦する。
引用元:40歳伊達が年長2位勝利/ウィンブルドン – テニスニュース : nikkansports.com http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20110621-793301.html