「オマー・ビスケル」WBCベネズエラ元代表 インディアンスで活躍した遊撃手


2006年の第1回WBCでは
ベネズエラ代表の主将を務めた
インディアンスなどで活躍した
ショートの守備の名手は?
ルビ・オケーマス
オマー・ビスケル(答)
Omar Vizquel
30%

オマー・エンリケ・ビスケル・ゴンサレス(西: Omar Enrique Vizquel González, 1967年4月24日 – )はベネズエラ出身の元プロ野球選手(遊撃手)。右投両打。現在はMLBのデトロイト・タイガースの一塁コーチを務めている。
愛称は”Little O”(リトル・オー)。

>インディアンス時代[編集]
1993年12月20日にトレードでクリーブランド・インディアンスへ移籍[2]。若手の成長で全盛期を迎えつつあったインディアンスにあって、打っては貴重な繋ぎ役として、守ってはロベルト・アロマー(1999年 – 2001年在籍)とともに二遊間を形成した。
1993年から2001年にかけて9年連続でゴールドグラブ賞を受賞し、その最中の1999年9月26日から2000年7月21日にかけてリーグ新記録となる95試合連続無失策を達成[3]。
引用元:オマー・ビスケル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB