「ラルフ」・シューマッハ フォーミュラ・ニッポン初代チャンピオン


自動車レース「フォーミュラ
ニッポン」の初代チャンピオンは
ミハエル・シューマッハである
×(答)
◯ラルフ・シューマッハ
69%

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Japanese Championship Formula Nippon )は、1996年(平成8年)から2012年(平成24年)まで日本で開催されていた自動車レースの1カテゴリーである。
JAF略称は「FN」[1](2009年までは「JAF-F3000」)、レース格式は国際。フォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースで、日本最高峰かつ独自のカテゴリーであった。“日本一速い男 決定戦”とも呼ばれ、レース専門誌やファンの間では「Fポン(エフポン)」や「FN(エフエヌ)」などと略される。

引用元:フォーミュラ・ニッポン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3

ラルフ・シューマッハ(Ralf Schumacher, 1975年6月30日 – )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバーでドライバーとしての晩年はDTMに出場していた。フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオン。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。ノルトライン・ヴェストファーレン州・ケルンの近郊フルト出身[1]。

>1996年[編集]
ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(パートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。
引用元:ラルフ・シューマッハ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F