「ミルウォーキー・ブレーブス」「アトランタ・ブレーブス」「ミルウォーキー・ブリュワーズ」


次の大リーグのチームを
ハンク・アーロンが
所属した順に選びなさい
ミルウォーキー・ブレーブス
アトランタ・ブレーブス
ミルウォーキー・ブリュワーズ
37%


アメリカ大リーグの
ブレーブスとブリュワーズで
永久欠番となっている
ハンク・アーロンの背番号は?
44(答)


次のうち、大リーグで
打撃三冠王を2度達成したことが
ある選手を1つ選びなさい
ロジャース・ホーンスビー(答) 1922 1925
タイ・カッブ 1909
ハンク・アーロン
テッド・ウィリアムズ(答) 1942 1947
ベーブ・ルース
ルー・ゲーリッグ 1934


次の往年の名選手を大リーグでの通算安打数が多い順に選びなさい
ピート・ローズ   4256
タイ・カッブ   4189
ハンク・アーロン   3771
スタン・ミュージアル   3630
トリス・スピーカー   3514
ホーナス・ワグナー   3420
カール・ヤストレムスキー   3419

タイピング
かつて行われたハンク・アーロンと王貞治のホームラン競争で王貞治のバッティング投手を務めたのは○○○? ○の漢字をひらがなで答えなさい
みねくにやす(答)
峰国安

並べ替え
1974年にハンク・アーロンにベーブ・ルースの大リーグ通算最多本塁打記録714本を破る715本目を打たれた投手は?
アル・ダウニング(答)

ヘンリー・ルイス・アーロン(Henry Louis Aaron, 1934年2月5日 – )は、アメリカ合衆国のアラバマ州モービル出身の元プロ野球選手(外野手)。愛称は「ハマー(Hammer)」。
人種差別を乗り越えて記録した通算本塁打755本は、ベーブ・ルースを超え、2007年にバリー・ボンズに抜かれるまで33年間MLB歴代1位だった。ベジタリアンとしても有名である。

>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
インディアナポリス・クラウンズ (1952)
ミルウォーキー・ブレーブス
アトランタ・ブレーブス (1954 – 1974)
ミルウォーキー・ブルワーズ (1975 – 1976)

>1982年にアメリカ野球殿堂入り。アトランタ・ブレーブス、ミルウォーキー・ブルワーズの背番号44はそれぞれ永久欠番に指定されている。ブレーブス入団当初の背番号は5であったが、アーロンが2桁の数字の背番号を希望し、1955年から44となった。1955年にアーロンはニューヨークのポロ・グラウンズの二階席の外壁まで打球を飛ばし、ニューヨークのある新聞が「ぶっ叩きのハンク(ハマリング・ハンク)」と評し、ハマリングを開始。アーロンは「フォーティフォーはベルが鳴ってるような響きがあり、ゾロ目であり、好き」とコメント。シーズン本塁打44本を4回記録。
引用元:ハンク・アーロン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3