「ペナルティトライ」認定トライ 守備側の反則でトライが妨害された場合


ラグビーで相手の反則がなければ
確実にトライが得られていた場合
に与えられるトライを◯◯◯◯◯
トライという? ◯を答えなさい
ペナルティ(答)
「ペナルティトライ」
43%

ペナルティー‐トライ(penalty try)

ラグビーで、守備側の反則行為がなければ攻撃側がトライできていたと審判が認めたとき、攻撃側に与えられるトライ。ゴールポスト中央直下にトライしたとみなされる。認定トライ。
引用元:ペナルティートライ(ペナルティートライ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4-625342

トライ(try)とは、ラグビーユニオンならびにラグビーリーグにおける得点方法の一つである。トライは相手のゴール領域(インゴールエリア)内(ゴールライン上あるいは後方)にボールを接地(グラウンディング)させることで得点される。ラグビーユニオンとリーグでは「ボールのグラウンディング」と「インゴール」エリアの定義がわずかに異なる。
トライという用語は「トライ・アット・ゴール(try at goal)」に由来する。ラグビーが始まった当初はグラウンディングしただけでは得点にならず、ゴールキックに挑戦(トライ)する機会が与えられるだけであった[1]。

>認定トライ[編集]
ラグビーリーグとラグビーユニオンどちらのコードにおいても、守備チームの反則によってトライが妨げられたとレフェリーが考えた場合、攻撃チームに「認定トライ」(ペナルティートライ)を与えることができる。反則がどこで起こったかにかかわらず、ペナルティートライは常にポストの下で与えられる。ラグビーユニオンでは、トライが「おそらく」決まったであろうということがレフェリーによって適用される基準である。ラグビーリーグでは、「守備チームの不正がなければトライが決まっていただろう、というレフェリーの考えにおいて、認定トライを与えることができる」[3] 。
引用元:トライ (ラグビー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4_(%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC)