ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット「チャンピオンの壁」”Salut Gilles”

137uwdberwqwvl
ルイス・ハミルトンが初優勝
1982年にパレッティが事故死
「チャンピオンの壁」
F1カナダGPの開催地
モンツァ・サーキット
モンテカルロ市街地コース
ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
スパ・フランコルシャン
51%

シルキュイ・ジル・ヴィルヌーヴ(仏: Circuit Gilles Villeneuve, ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット)はカナダ、ケベック州モントリオールのセント・ローレンス川のノートルダム島にあるサーキット。全長4,361m。

>サーキットが建設された当初の名称はその中州の名からサーキット・イル・ノートルダム(Circuit Île Notre-Dame)と呼ばれていたが、1982年に地元ケベック出身のF1ドライバーのジル・ヴィルヌーヴがベルギーGPで事故死したため、業績を讃えてその名を冠することとなった。スタートライン上には”Salut Gilles”(やあ、ジル)とペイントされている。
水と緑に囲まれた美しい環境や、開放的な観客の雰囲気から、当地でのレースを楽しみにするF1関係者は多い。以前はレースウィーク前日に、各チームのメカニックがガレージの不用品で「手漕ぎボート」を造り、ピット裏手にあるオリンピックのボートコースで競争するイベントが毎年催されていた。
引用元:ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

以前はサーキット・イル・ノートルダムと呼ばれていた。セント・ローレンス川の中洲にある人工島に1967年に建設。初開催となった1978年のレースで勝利したカナダ人ドライバー、ジル・ビルヌーブが1982年に事故死すると、彼をたたえてジル・ビルヌーブ・サーキットと改名された。

トリッキーなヘアピンに超ロングストレートが配置されるコースには”チャンピオンの壁”がある。最長かつ高速のストレート終わりにあるシケインは1999年のレースでミハエル・シューマッハ、ジャック・ビルヌーブ、デイモン・ヒルのチャンピオン経験者3名が相次いで餌食になったことで有名。

オープニングラップはとりわけ事故が起こりやすい。グリッドを離れてタイトなセナヘアピンへと突入することから、セーフティカーの出動率が高いレースでもあるため、どのチームも1度か2度のセーフティカー導入があることを念頭に戦略を立てる。
vjxfdknzvt
引用元:ジル・ビルヌーブ・サーキット | サーキット | ESPN F1 http://ja.espnf1.com/canada/motorsport/circuit/1303.html