「大野倫(りん)」連投で消耗した沖縄水産の投手

083jfqcbkenmfv
1991年の高校野球、夏の甲子園で
1人で投げ抜き決勝で力尽きた
沖縄水産のエースは◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
おおのりん(答)
「大野倫」
51%

cimg2709webrnbnjfmfn
1990年に夏の甲子園で優勝した
天理高校の3年生エースで、後に
日本ハムに入団したのは◯◯◯?
○の漢字をひらがなで答えなさい
みなみりゅうじ(答)
南竜次


1990年に夏の甲子園で優勝した天理高校の2年生エースで、後に巨人に入団したのは◯◯◯◯?
たにぐちこういち(答)
谷口功一

大野 倫(おおの りん、1973年4月3日 – )は、沖縄県出身の元プロ野球選手(外野手)。現在は九州共立大学沖縄事務所長。

>沖縄水産高校では、2年生の夏に外野手として第72回高校野球選手権大会に出場。決勝戦では南竜次を擁する天理高校に0-1と惜敗したものの、沖縄県勢として初の準優勝を果たす。このため県民の期待は高まり、2年秋からエースで四番となると大きなプレッシャーを感じたという[1]。3年の春、ダブルヘッダーの練習試合で2試合18イニングを完投した2日後、ブルペンでの投球練習中に右ひじが音を立て激痛が走った。しかし、周囲にはこのことを隠し、通院すれば試合に出場できなくなるため治療せずに練習を続けた[2]。なお、エースの座を争った同級生は夏の県大会が始まる直前に高熱をおして練習試合に登板したが、試合後に急性腎盂炎のため入院している[3]。
県大会では医者の警告を受けながら痛み止めの注射を打って登板し[3]、第73回高校野球選手権大会への出場を決めた。県大会の優勝後は喜びよりも安堵感の方が強かったという[1]。本大会では2回戦の対明徳義塾戦ですでに本来の制球力がない状態だったが[4]、有力な控え投手がいないため決勝まで6試合全てで完投し、3回戦以降は4連投となった。大会中も泊まりがけで佐賀県の整体師を訪ねるほど満身創痍だったが、「お前と心中するぞ」という栽弘義監督の信頼に応えるために投げ続けた[5]。「沖縄県勢初の夏制覇」の期待がかかる中で登板した大阪桐蔭との決勝戦では萩原誠に本塁打を浴びるなど[6]、13失点で敗れた。毎日、栽監督のマッサージを受け[2]、6試合で36失点しながら773球を投げ抜いたが、この決勝戦が大野の最後のマウンドとなった[7]。大会後、右ひじの疲労骨折と診断され、手術を受けたところ剥離骨折した親指の爪ほどの骨片が複数摘出された[2]。
引用元:大野倫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%80%AB

【気になるあの人を追跡調査!野球探偵の備忘録(10)】甲子園での投手酷使が問題化する近年、タイブレーク制導入や球数制限などが盛んに議論されているが、今からおよそ25年前、球数論争の発端にもなった一人の投手がいた。甲子園が最後のマウンドとなった悲劇のエースは何を思うのか。自らの腕と引き換えに母校沖縄水産を2年連続となる甲子園準優勝に導き、その後プロでも活躍した大野倫さん(42)の今を追った。
引用元:元沖水エース「“監督殺してやる”の記事 あれは捏造です」 http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/508720/

南 竜次(みなみ りゅうじ、1972年6月26日 – )は、大阪府高石市出身の元プロ野球選手。
>天理高等学校出身。1990年、第62回選抜高校野球大会(春のセンバツ)と第72回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)では、共に3年生エースとして出場。同年夏の甲子園大会では決勝戦に進出し沖縄水産高校と対戦、スコアは1-0の僅差で全国制覇を成し遂げた。1990年に日本ハムからドラフトにて4位指名されて入団するが肘の故障との闘いが続き思うような投球ができず1997年に日ハムを退団。
引用元:南竜次 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%AB%9C%E6%AC%A1