「ドン・ニューカム」1956ナショナル・リーグMVP サイ・ヤング賞初代受賞者

081wrsypfbhjtx
1949年ナ・リーグ新人王
1956年ナ・リーグMVP
1962年中日ドラゴンズに入団
第1回サイ・ヤング賞を受賞
ドン・ニューカム(答)
ウォーレン・スパーン
クリスティ・マシューソン
ラリー・ドビー
62%

108dJJlobQuWM
左腕としては大リーグ歴代最多の
通算363勝を挙げている
ブレーブスで活躍した投手は
ウォーレン・◯◯◯◯?
ドパンカス
ッラーダブ
スパーン(答)
「ウォーレン・スパーン」
引用元:ウォーレン・スパーン 左腕での大リーグ最多363勝 http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/890/

ドン・ニューカムことドナルド・ニューカム(Donald Newcombe, 1926年6月14日 – )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州マディソン出身の元メジャーリーグベースボール選手(投手、外野手)。右投げ左打ち。サイ・ヤング賞の初代受賞者としても知られている。
ニックネームは“Newk(ニューク)”で、中日ドラゴンズでの登録名でもあった。

>1944年から1945年までニグロリーグ・ニューアーク・イーグルスでプレーした後、1946年にブルックリン・ドジャースと契約。1949年5月20日にメジャーデビューし、メジャー初の黒人投手となった。リーグ最多の5完封を含む17勝8敗、防御率3.17で新人王に輝く。またこの年、ジャッキー・ロビンソン、ロイ・キャンパネラ、ラリー・ドビーと共に黒人選手として初めてMLBオールスターゲームに出場した。1950年は19勝、翌1951年は20勝を挙げる。
1952年から2年間朝鮮戦争に従軍しチームを離れるが1954年に復帰。1955年は20勝5敗を記録し、チームはワールドシリーズを制した。1956年にはリーグ最多の27勝を挙げてナショナルリーグMVPを受賞、そしてこの年から制定されたサイ・ヤング賞の初代受賞者となった。
引用元:ドン・ニューカム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A0

ウォーレン・エドワード・スパーン(Warren Edward Spahn , 1921年4月23日 – 2003年11月24日)は元メジャーリーグ投手。

>野球界復帰後は、その現役時代のほとんどでブレーブスに所属し、チームのボストンからミルウォーキーへの移転も経験する。ワールドシリーズには1948年、1957年、1958年に出場、1946年から1948年にかけては、もう一人の20勝投手ジョニー・セインと共に二本の大黒柱として活躍する。1947年には地元ボストンの新聞に「Spahn and Sain and pray for rain.(スパーンとセインで勝ったら、あとは雨(での試合中止)を祈れ)」という見出しが載るなど、両投手共に大車輪の活躍で、1948年にはチームを34年振りのリーグ優勝に導いた。
引用元:ウォーレン・スパーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%B3

クリスティー・マシューソン(Christopher “Christy” Mathewson、 1880年8月12日 – 1925年10月7日)は、1900年~1910年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手(投手)。ペンシルベニア州ファクトリーヴィル出身。ニックネームは「Big Six」[1]、「クリスチャンの紳士(The Christian Gentleman)」。
歴代3位となる通算373勝を上げた20世紀初頭の著名な投手であり、最初に野球殿堂入りを果たした5人の中の1人である。変化球の一つである「スクリューボール」をルーブ・フォスターから教わり、初めて実戦投入した投手といわれている。
引用元:クリスティ・マシューソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

ローレンス・ユージン・ドビー(Lawrence Eugene Doby, 1923年12月13日 – 2003年6月18日)は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州出身のプロ野球選手(外野手)。

>1942年から1944年、および1946年から1947年シーズン途中までニグロリーグ・ニューアーク・イーグルスでプレー。同年7月2日にクリーブランド・インディアンスと契約し、7月5日にMLBデビュー。同年4月15日のジャッキー・ロビンソンに次いで黒人としては2人目のMLB選手で、アメリカンリーグではドビーが初めてとなった。ニグロリーグにおける神話的大投手のサチェル・ペイジとも後にチームメイトとなっている。
1948年のワールドシリーズでは第4戦で決勝本塁打を放ち、白人のスティーブ・グロメッツが勝利投手になった時、ロッカーでカメラマンから共に抱き合う姿を写したいと言われ、すんなりと応じたその写真は、当時はまだ人種間の確執があった頃だけに貴重な1枚として残っている[1]。
1952年に本塁打王のタイトルを獲得。1954年には本塁打王と打点王のタイトルを獲得し、アメリカンリーグのMVP投票ではヨギ・ベラに次ぐ票を集めた。
引用元:ラリー・ドビー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%93%E3%83%BC