「田中幹保」元バレーボール全日本男子代表監督

040qlnplahokcg
現役時代は新日鉄で活躍した
男子バレーボール選手で
2000年から2004年まで男子
全日本代表の監督を務めたのは?
西川晃幸
泉中幹一
田村陽二
田中幹保(答)
19%

CIMG6036
次のうち、アメリカの
バレーボルの殿堂入りを
果たしている日本人を
1つ選びなさい
田中幹保 
大古誠司(答)
三屋裕子
寺廻太
植田辰哉
森田淳悟(答)
柳本晶一
大松博文(答)
松平康隆(答)
山田重雄(答)
引用元:全日本女子バレー五輪金メダル監督「大松博文(ひろぶみ)」「山田重雄」 バレーボール殿堂「大古誠司」「森田淳悟」「大松博文」「松平康隆」「山田重雄」ほか http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/16222/

田中 幹保(たなか みきやす、1955年3月18日 – )は、日本のバレーボール元選手(元全日本代表)・指導者。
兵庫県飾磨郡夢前町(現姫路市)出身。現在プレミアリーグ・堺ブレイザーズ常務取締役。元バレーボール全日本男子代表監督。堺市教育委員[1]。
>日本リーグでも新日鐵の11回のリーグ優勝に大きく貢献し、最優秀選手を7回・スパイク賞を4回獲得。1986年からは監督も兼任し、1989年から1991年には監督・選手としてリーグ3連覇を成し遂げた。
1991年、現役引退。1993~94年にはアメリカ・イタリアにコーチ留学。その後全日本ジュニアの監督を経て、2000年10月、寺廻太の後任として全日本男子代表監督に就任。バルセロナ大会以来のオリンピック出場を目指したが、2004年のアテネオリンピック世界最終予選で敗れ、オリンピック出場は出来なかった。同大会終了後に日本代表監督を退き、古巣(新日鐵堺の後継チーム)である堺ブレイザーズの副部長、部長を歴任。2016年より常務取締役を務めている(部長後任は中垣内祐一)。
引用元:田中幹保 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%B9%B9%E4%BF%9D