フェラーリチーム「ジョディ・シェクター」「イヴァン・カペリ」「ディディエ・ピローニ」

028alnfsadfcbd
次のうち、エフワンの
フェラーリチームに所属した
ことがあるレーサーを
全て選びなさい
ジョディ・シェクター(答)
イヴァン・カペリ(答)
ディディエ・ピローニ(答)

アラン・プロスト(答)
キミ・ライコネン(答)
ナイジェル・マンセル(答)
フェリペ・マッサ(答)
ルーベンス・バリチェロ(答)
ルネ・アルヌー(答)
アルベルト・アスカリ(答)
クリス・エイモン(答)
ロレンツォ・バンディーニ(答)

058ictcfkhobjv
次のうち
セバスチャン・ベッテルが
在籍したことがある
F1チームを全て選びなさい
トヨタ
トロロッソ(答)
BMW(答)
レッドブル(答)
フェラーリ(答)
引用元:ベッテル在籍「BMWザウバー」「トロ・ロッソ」「レッドブル」「フェラーリ」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/30625/

スクーデリア・フェラーリ(伊: Scuderia Ferrari[※ 1])は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリが運営するワークス・レーシングチームである。現在はF1のコンストラクターとして活動しているが、かつてはスポーツカー世界選手権にも参戦していた。
「スクーデリア(伊: scuderia)」はイタリア語の厩舎から転じた、「チーム」に当たる言葉で、英語のsquadに相当する。

>現在のF1ドライバー[編集]
キミ・ライコネン – 正ドライバー
セバスチャン・ベッテル – 正ドライバー
エステバン・グティエレス – テストドライバー
ジャン=エリック・ベルニュ – テストドライバー
マルク・ジェネ – テストドライバー
ダヴィデ・リゴン – テストドライバ
引用元:スクーデリア・フェラーリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA

ジョディー・デイヴィッド・シェクター(Jody David Scheckter, 1950年1月29日 – )は、南アフリカ生まれのレーシングドライバー。1979年のF1ワールドチャンピオンであるが、2000年にミハエル・シューマッハが達成するまでの21年間、フェラーリでドライバーズ・チャンピオンを獲得した最後のドライバーであった。
愛称は「リトル・ベアー(小熊)」。兄のイアン・シェクターもF1ドライバーで、息子のトーマス・シェクターはインディカー・シリーズに参戦していた。
引用元:ジョディー・シェクター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

イヴァン・フランコ・カペリ(Ivan Franco Capelli, 1963年5月24日 – )は、イタリア・ミラノ出身の元F1ドライバーである。フジテレビのF1中継ではイワン・カペリと表記されていた。また、イヴァン・カペッリ、イバン・カペリと表記されることもある。
>1992年[編集]
1992年は、当初スクーデリア・イタリアと契約していたが、チームがフェラーリエンジンを獲得する際にカペリとの契約をフェラーリに売却。念願のフェラーリ入りであり、ミケーレ・アルボレート以来のイタリア人フェラーリドライバーということもあって、活躍が大いに期待された。
引用元:イヴァン・カペリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%9A%E3%83%AA

ディディエ・ジョゼフ=ルイ・ピローニ(Didier Joseph-Louis Pironi 、1952年3月26日 – 1987年8月23日)は、フランスのレーシングドライバー。1978年から1982年までF1ドライバーとして活動した。
>フェラーリ時代[編集]
1981年
引退したジョディー・シェクターの後釜としてフェラーリに在籍することになり[注釈 3]、既にF1界のアイドルとしての地位を固めていたジル・ヴィルヌーヴと組むことになる。ターボマシンの熟成不足に苦しみ、入賞が4位1回・5位3回と表彰台すら無い不本意な成績に終わった(ランキング13位)。
引用元:ディディエ・ピローニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8B