オスカー・「スパーン」史上最高齢金メダル 1912ストックホルム射撃

013jlpycvtifba
ストックホルム五輪の射撃競技で
64歳という史上最高齢で金メダル
を獲得したスウェーデン人は
オスカー・◯◯◯◯?
オパポトン
ープツッス
スパーン(答)
Oscar Gomer Swahn
21%

108dJJlobQuWM
左腕としては大リーグ歴代最多の
通算363勝を挙げている
ブレーブスで活躍した投手は
ウォーレン・◯◯◯◯?
ドパンカス
ッラーダブ
スパーン(答)
「ウォーレン・スパーン」
引用元:ウォーレン・スパーン 左腕での大リーグ最多363勝 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/890/

オスカー・スバーン(Oscar Gomer Swahn、1847年10月20日-1927年5月1日)は、スウェーデンの射撃競技選手である。3度のオリンピックに出場し、複数のメダルを獲得した。
1908年ロンドンオリンピックで、オスカー・スバーンは鹿追いシングルショットで2つの金メダル(個人、団体)を獲得し、鹿追いダブルショット個人で銅メダルを獲得した。この時60歳で、当時の最年長金メダリストであったジョシュア・ミルナーよりも1歳若いだけだった。
祖国で行われた1912年のストックホルムオリンピックでは、鹿追いシングルショット団体で再び金メダルを獲得した。鹿追いダブルショット個人でも再び銅メダルを獲得したが、鹿追いシングルショット個人では5位に留まり、息子のアルフレッド・スバーンに優勝を譲った。この時64歳で、今日でも破られていない最年長の金メダル獲得記録を更新した。
1920年のアントワープオリンピックには、出場者中最年長の72歳で出場した。これは、オリンピックに出場した最年長記録となった。鹿追いシングルショット団体では4位に入り、鹿追いダブルショット団体では銀メダルを獲得して現在でも最年長のオリンピックメダリストとなった(芸術競技を除く)。
引用元:オスカー・スバーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3

史上最年長メダリストの誕生
この大会でスウェーデン射撃チームの一員として出場したオスカー・スパーン。大会当日の年齢は72歳と280日だった。チームは見事に射撃ランニング・ディア(単発)で団体銀メダルを獲得。スパーンは今でもオリンピック史上最年長のメダリストとして歴史に名前を刻んでいます。また、最年長金メダリストもこのスパーンで、それは第5回ストックホルム大会の同じ種目で獲得したものでした。
引用元:JOC – オリンピックの歴史(3) 激動の時代を迎えたオリンピック http://www.joc.or.jp/column/olympic/history/003.html