「加賀美希昇」JR西日本でノーヒットノーラン達成 元DeNA

093yfqxlgqpogc
2016年の社会人野球日本選手権
大会でノーヒットノーランを
達成した、かつてプロ野球・
DeNAでプレーした投手は?
希昇賀美加
加賀美希昇(答)
かがみきしょう
-%

加賀美 希昇(かがみ きしょう、1988年9月5日 – )は、神奈川県鎌倉市出身の元プロ野球選手(投手)。2016年シーズンからは、社会人野球のJR西日本でプレーを続ける[1]。

>2015年、一軍公式戦への登板機会がなく、10月4日に球団から戦力外通告を受けた。
DeNA退団後[編集]
2015年11月10日に、打者3人に対するシートバッティング形式の12球団合同トライアウト(草薙球場)に参加。1奪三振1与四球という内容で、打者3人を無安打に抑えた[9]が、NPBから声は掛からなかった。その後、JR西日本硬式野球部の入部テストに参加。このテストに合格し、JR西日本に入社、同部に所属することとなった[1]。
JR西日本への入社後は、単身で広島支社へ赴任するとともに、経理部に籍を置く[10]。2016年には、第42回社会人野球日本選手権大会へ出場。11月5日の2回戦では、JR東日本東北打線を相手に、死球と失策で2人の走者を出しただけ[10]で、ノーヒットノーランを達成した[11][12]。加賀美にとっては、野球人生で初めてのノーヒットノーランであったという[10]。社会人野球日本選手権大会においては、第36回社会人野球日本選手権大会(2009年)の三菱重工神戸・木林敏郎以来、史上二人目のノーヒットノーランであった[11]。更に加賀美のノーヒットノーランの翌日(11月6日)には、大阪ガスの猿渡真之がノーヒットノーランを記録し、二日続けてのノーヒットノーランとなっている[13]。
引用元:加賀美希昇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E7%BE%8E%E5%B8%8C%E6%98%87